ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ
2011年 06月 26日

ハイキング

c0053177_833184.jpg


 毎週日曜日の朝食会で会うジョンは
グリフス・パーク・ハイキング・クラブに入っている。
もっとも参加するのにメンバーになるのか、
その日ただそこへ集まれば良いのか定かではない。
次にあった時に訊いておかなくちゃ。

 その集まりは平日の夕方なのだそうだ。
曜日毎にいろんなランクがあってシニアコースってのもあるらしい。
夕方の7時にグリフスパークのどこかに集まり、
そこから日替わりコースが始まるとか。

 私はハイキングって結構好きな方だ。
山育ちで鍛えた健脚を持つシニアである。
て言うか、健脚を持っていたシニアと言うべきか。
とにかく話を聞いていると尻がむずむずするんだよね。

 ただこのハイキング夕方7時に出発して2時間コースってこともあり、
途中から真っ暗になるのだそうな。
知っている人は知っていると思うけれど。
グリフス・パークって名前だけ聞けば単なる公園だけれど、
子供の砂場がある街角の公園みたいなものではないのだよ。
下手するとマジで大の大人が遭難しそうな大自然公園なのだ。
真っ暗闇になったらどうするんだか。
行ってみたいと思うけれど、
その前にその辺りの対策をじっくり練っておかなきゃね。

 ハイキングのプロが案内役なので安心ではある。
「暗くなったら炭坑夫みたいなヘッドライトでも点けるのか?」
と確信を付いた(笑)質問を彼にぶつける。
「いや、そんなことはないよ。夜の道って不思議と明るく感じるものだよ」
解ります。その辺りについては。北海道の山奥で経験しているから。
闇とは言えど闇ではないその微妙な明るさが。

 そのグループに参加するかどうかは別として
ハイキングがしたい。
そんな気持ちになった食事中の会話であった。

明日に続く。

↓このボタンを押して人気ブログ投票してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2011-06-26 08:31 | シニアの時間 | Comments(2)
Commented by Marrrsan at 2011-06-26 12:15 x
ニューオリンズなら夜の公園からのハイキングなんて
もってのほか。迷う前に襲われて殺されかねない。
参加する人はいないでしょうね。
シニアを狙う人のほかは・・・・・。
Commented by shinia62 at 2011-06-26 13:18
ま〜さん
そのような危険なところからオレゴンの平和な街へ引っ越して平和ぼけしそうですね。


<< ハイキング 2 昨日の続き      早朝の公園 >>