2011年 06月 24日

肌の色黒はお得な証拠

c0053177_8361389.jpg


 皮膚科の医者に会いに行った。
皮膚科なんてあまり縁がないので
最後に行ったのは2年前だったかな。
乾燥肌で身体中に赤い発疹が出来た時だ。
それまでボデーローションなどと面倒なものを使ったことがなかった。
若いし肌に自身があったもん。
とは言え66歳で若いとは言えないか。
若かったのは頭の中だけだったんだね。

 今回の用事は皮膚がんについての勉強である。
私の歳に成るとエイジ・スポットが出来たりするから
顔には今迄無かった黒いシミが突然でて来たりするので
すわ、皮膚がんだと大騒ぎするわけ。

 皮膚科に行くことにしたのはアメリカ人の友達に
「シニアになったら定期的に検診しといた方が良いよ」
と言われたからだ。
彼はこまめに検査しているらしい。

 前回と違う皮膚科医はなかなか気さくで良い感じ。
中年、男性。
それで解ったことは、
私の場合悪性のものは何も無く心配はないとのことだった。
それで私が用意しておいた質問をする。
「有色人種は白人に比べ皮膚がんになりずらい?」
「皮膚がんの定期検診は必要か?」
その結果得た情報は
私の場合(有色人種)は皮膚がんになる可能性が低いので
現在あるシミが大きくなったりした場合は別にして
心配することは無いってことだった。

 どうも知人の親切な忠告は
白人で色の白い彼の場合で、
それは私に当てはまらないと言うことのようだ。
白状すると知人に忠告された後グーグルで
皮膚がんのイメージ画像を見て震え上がってしまった私である。

 有色人種であることでこんな利点が有るんだね。

↓このボタンを押して人気ブログ投票してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2011-06-24 09:23 | シニアの時間 | Comments(6)
Commented by Marrrsan at 2011-06-24 14:36 x
北海道出身のさむさんは色白だったような気がしますが・・・。
色白肌にぽっと赤い頬が印象的な色白美人じゃなかった美男子。
(ほめすぎ?)
Commented by lanova at 2011-06-24 22:59
そうなんだよね。皮膚がんは圧倒的に白人に多く、クマちゃんの周りの人もたくさんかかってて、簡単に除去手術に出かけています。早めに除去すれば大丈夫だとか…あたしゃ、だんだんしわ、たるみがひどくなってるんですけど…しょうがないか…
Commented by shinia62 at 2011-06-25 03:15
ま〜さん
これは有色人種か白人かの違いでは無いでしょうか。色が白くても有色人種はその染色体を持っているとか。良く知りませんが。なら言うな。と自分で突っ込む。
Commented by shinia62 at 2011-06-25 03:17
Lanovaさん
初歩の皮膚がんは簡単にレーザーかなにかで焼いてしまいます。以前知りあいの白人がその部分をナイフで切り取るのを手伝いました。
Commented by Marrrsan at 2011-06-25 08:05 x
ネットで調べてみると人種による差を述べているものはありませんでした。でも確かにアメリカは皮膚がんの患者数が多いです。でもそれはすべての人種を含んでいます。比率を考えれば南部は黒人やラティーノが多く、皮膚がんは低くても良い感じがしますが、同じです。

それから白人の白さを思えばヨーロッパ人の方が白いですが(特に北欧)、アメリカより患者数は少ないです。また最近はオーストラリア、ニュージーランドが多くなっています。ここも白色人種だけではありません。やはり紫外線が一番いけないようです。南半球はオゾン層が破壊されていて紫外線が強いようです。
もしかしたら食生活も関係しているのかも?

ただ確かにアジア大陸と日本は少ないですね。でもアフリカでも多いところと少ないところがあり、世界の統計からみると、人種は関係ないかもしれません。
Commented by shinia62 at 2011-06-25 11:12
ま〜さん
貴重な情報ありがとうございます。人種に限らず真っ黒なシミが出来たら要注意ってことですか。歳を取ると気になることが増えますね。


<< 早朝の公園      水彩画教室のこと >>