ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ
2011年 06月 12日

ポールとハンフリー(猫)

c0053177_11221550.jpg


 この作品は1980年代頃描いた。私は作品に年号を入れないので何時頃描いた物かは本人のみぞ知るである。将来有名画家になると約束されたのなら製作日付を入れても良いと思うが。あんた、約束してくれます。って誰に言ってんだか。

 この作品はスケッチ無しで行きなり描いた。一時スケッチ無しの描き方にはまっていたものだ。その方がのびのびと描けそうな気がしたからだ。ところが意外とそうでもないのだね。それどころか逆に固くなってしまうなんて時もある。それでルースに描く為にはスケッチをばっちりしてその上でのびのび描くのが良いのかなあなどと考え、またスケッチをするようになった。その結果発見したことはスケッチをしてもしなくても関係ないって事だ。などと日記に書いていたらまたスケッチ無しで暫く描いてみようかと思い立った。毎日が実験、死ぬまでいろいろやってみよう。

 この作品のモデルになったポールとは25年程の付き合いであった。1992年9月突然メキシコへ移住した。メキシコへ良く旅行していたから気に入っていたのかもしれない。今ならメキシコは怖くて行きたくない。ドラグ密売ギャングのメッカだものね。

 メキシコへ移住一年後、ポールがロサンゼルスに遊びに来た。その時はこの作品の雰囲気はなく、熊さんから普通体系になっていた。メキシコでの食事のせいだろうかと思ったものだ。この作品のモデルになった頃が一番大きかったようだ。

 その彼も一年前の夏この世を去った。享年81歳だった。長生きした方だと思う。メキシコで普通体系になったことが長生きの秘訣かも知れない。その後17年間肥ることはなかったものね。ダイエットに苦しむ貴方メキシコへ行こう。

 今日は珍しく作品についての思いで日記である。

↓このボタンを押して人気ブログ投票してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2011-06-12 11:56 | シニアの時間 | Comments(4)
Commented by わこ at 2011-06-12 21:52 x
作品についてのお話はおもしろいので、またおねがいします。さむさんの人物画はどれも好きです。やっぱり親しみを持って描かれているからでしょうね。
Commented by shinia62 at 2011-06-12 22:07
わこさん
コメントありがとうございます。思いでのある作品は時々こんな日記を書いてみたいと思います。
Commented by Coconut at 2011-06-12 22:36 x
これは写真から描かれたのですか?
それにしてもスケッチ無しで人物画は、私には絶対に出来そうにありません。またしても凄いです、さむさん。

ポールさんとの出会いはどんなだったんですか?25年もの間お付き合いが続いたきっかけが気になりました。

Commented by shinia62 at 2011-06-13 07:10
Coconutさん
写真から描きました。動かないので描きやすいです。/彼は私の水彩画作品の追っかけでした。あちこちの展示会に顔を出していました。買ってくれませんでしたけれど(笑)。 彼は人物画が好きで私はあまり描かないので買わなかったのはその為です。それでもポートレート一枚買ってくれたし、注文のポートレートも何点か描かせた頂きました。貧乏絵描きは買ってくれた客の顔は一生忘れません。迷い犬が餌を貰ったようなものです(笑)。


<< ショック・トリートメント      Hereafter >>