ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ
2011年 05月 10日

私の経験

c0053177_7581287.jpg


 採血のためカイザー病院へ行った。コレステロールを下げる薬を倍にしたのでその結果を見る為だ。また腕をぼこぼこと注射針で穴だらけにされると思うと憂鬱だ。此れも人生か。などと一人でドラマチックになっている自分。それにしてもどうして彼らは(採血人,吸血鬼じゃないよ)私の腕の血管を見つけるのが下手なのだろう。と言っても全員って訳ではないけれど。

 私の番が来てラボに入ったら、あの恐ろしい経験をさせられた腕は悪いが自信過剰女が私に手招きしている。もう腹をくくった。どうとでもしろ。そう思ったら気が楽になって軽く微笑んだりしている自分。ちょっと軽過ぎかな。まず左腕を出す、血管が見つからない。次は右腕だ。何時ものことなので言われる前に右腕を出す。彼女あちこちさすっている。腕をずっと下がって手の甲までチェックしている。そのスリルにたまらなくなって「ほら、ここから採血したら」と私は自分の腕のある部分を指差す。その部分を触った彼女「あっそう」と言って注射針を刺した。驚く程スムーズに注射針が入って跡もつかなかった。うったく、解らないのなら早く訊けよ。と日本語でぼやく私。結局のところ本人が自分の身体を良く知っているってことなんだよね。そんなことはないかな。

↓ブログランキング向上へ清き一票を。下のボタンをポチット押してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2011-05-10 08:22 | シニアの時間 | Comments(9)
Commented by Marrrsan at 2011-05-10 12:51 x
若い頃入院していた時同じ経験をしました。それも毎朝3ヶ月間。
穴だらけの腕に針をさせなくて最後の方は手と腕の付け根の手首の辺りを使ってました。朝が来るのが怖かった~。
Commented by shinia62 at 2011-05-10 21:56
ま〜さん
血管は同じ場所を使っていると固くなって使えなくなるとか。ドラック中毒者はそのため腕は穴だらけらしい。
Commented by 和美 at 2011-05-11 05:41 x
Marrrsanは中毒者のように見えたでしょうね。可哀想に。本当は毎日検査する必要はないのではと疑ってしまいます。日本は医療費が安いから、毎日患者に通わせて、往診代で金額を上げているように思いますがどうでしょう。日本のお医者さんは薬より注射が好きですし。
Commented by 和美 at 2011-05-11 05:43 x
わたしの場合は水分が不足しているときに採血すると、なかなか血管が見つかりません。
Commented by shinia62 at 2011-05-11 11:05
和美さん
水分不足で血管が見つかり難くなるのですか。血管を見つけやすい様にする運動なんかあったら知りたいものです。毎回アナポコじゃたまりません。
Commented by 和美 at 2011-05-12 00:47 x
運動をしている人、していた人は血管の太いのが腕に見えたりしますが、太極拳だと穏やかな動きだから血管が太くならないかも知れませんね。運動で血管を太くするのは何年もかかりそうですから、次回は1時間前にたくさん何か飲んで(アルコール、カフェインなし)採血してみてはどうでしょう。
Commented by shinia62 at 2011-05-12 21:53
和美さん
運動している人は血管が出やすいのですか。そんなことより向こうが採血の腕を上げって欲しいですよね。中にはうまい人も居るのですから、出来ない人は勉強不足。
Commented by 和美 at 2011-05-16 14:15 x
小学生のとき肺炎で1ヶ月くらい入院していたとき、すごい達人がいたのを今でも覚えています。中年の女性で、わたしは痩せていて血管も出にくいのに、素早く病室に入って来て、(気持ちとしては)5秒くらいで採血し、そのあとも素早く消えるようにいなくなって、カッコイイーという感じでした。子供心にも、すごいなっと思いました。
Commented by shinia62 at 2011-05-16 22:02
和美さん
時々は上手な人も居るので、此れは才能でしょうか。はたまた練習の賜物でしょうか。


<< 日本のテレビ番組や映画      食べる、食べる、そしてまた食べた日 >>