ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ
2011年 03月 25日

水彩画クラスの事

c0053177_247947.jpg


 大雨にもかかわらず多数の生徒が水彩画クラスに出席した。
と言っても雨が降り出したのはクラスが始まって間もなくだったので、
しまった来るんじゃなかったと思った生徒がいたかも。(笑)
いやいや、そんな事はない、やる気のある生徒ばかりだから。

 デモの日であった。私は多いに張り切っていた。
今日の課題は「夕焼け空が真っ赤っか」であった。
雲にかくれた太陽、逆光で光る雲の淵、後光の様に広がる光線。
これらの表現を実演してみせた。
「まあ〜〜」「あら〜」「すごい〜」「しびれる」
それらの賛美の言葉を背後に受けながら
何の苦もなくさっさっと仕上げる水彩画のプロ。(私ね)

 このクラスを教える様に成ってから教えられた事がある。
それは、自信がなくても自信満々に振る舞うと本当に自信がつくと言う事だ。
だからデモを始める時の不安な気持ちも自信満々描いていると
その結果がちゃんと出る。
ポジティブ思考を強く持てばどんな困難も乗り越えられると言う事だね。

 前に書いた様に、我がクラスの生徒達は本当に良い生徒なのだけれど、
一つ大きな問題がある。
それは、、、、、、、(来週に続く)













このブログ読んでいる生徒さん慌てた?















 冗談は止めよう。
そう、その問題とは、、、、皆さん謙遜がきつすぎ。
私は言われた言葉をそのまま受ける単細胞人間なので
凄く良い絵を描いている人を褒めると。
「いえいえ、私なんかまだまだ。どんなに頑張ってもうまく成りません。
才能がないんです。私なんか豆腐の角に頭をぶつけて死んじゃえばいいんです」
おいおい、、そこまで悲観的に成らなくても、、、、。
なんて心から心配したりする。

 私としてはもっとポジティブに考えて欲しいのだ。
例えば
「はいはい、私って凄いと思います。普段全く筆を持たないのに
描き始めると一気に秀作なのね。自分の才能が恐ろしい。
実力あるアートディーラーに全作品を買い占められないのが不思議なくらい」

 ここまで言われたら憎らしく成るかな。
やはり今までの様にいてくださいませ。

↓ブログランキング向上へ清き一票を。下のボタンをポチット押してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2011-03-25 03:22 | シニアの時間 | Comments(0)


<< ひさしぶりだね〜お前と会うのは〜♪      ううむ、、怪しいぞ。この手紙 >>