2011年 02月 20日

念には念を入れて、、また念を

c0053177_74223.jpg


 スーツの仕上がりの日である。昼食を外で食べ、それからメンズ
・ウエアーハウスへ行った。先日のセールスマンが出来上がったス
ーツを持ってくると「着てみますか」と訊く。身体に合わせて直し
たのだから必要ないかと思ったのだけれど、念の為だ「着てみます」
と答えた。これは大正解であった。着てみるとズボンの丈が長過ぎ。
そう言えば身体に合わせた時ズボンの長さに付いて全く訊かれなか
った。向こうとしては一番ポピュラーな丈に仕上げたのだろう。店
のセールスマン達は全員その長め丈のズボンをはいているのだ。

 それは靴を履いた状態で靴の踵がすっぽり隠れてしまう長さであ
る。靴が無ければ侍の長裃だ。現代のファッションかもしれないが、
シニアにフッションはどうでも良い。心地よく着れたら良いのであ
る。良く見るとズボンの丈の見本写真が壁に貼ってある。四種類の
丈の見本がある中で一番長い丈にされたらしい。その写真から気に
入ったものを私は選んだ。この経験で思うのだが、最後の最後まで
入念にチェックを怠らないことである。はっきり言ってしまえば相
手を信用しないって事かなあ。ごめん言い過ぎであった。

 でも良いこともあった。靴売り場にメタル製の短い靴ベラが幾つ
か有るのだが、「あの靴ベラ貰えないかな」と言ってみたところ、
彼は気前良く新品なのを四枚もくれた。気前良くと言っても店のも
のだから彼らは気にならないのだろうけど。因に、最終修正は今日
中に終わるそうだ。明日とりに行く約束をして店を出た。年の為だ
明日もしつこく試着するぞ。

↓ブログランキング向上のためイラストも始めたぞ、下のボタンをポチット押してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2011-02-20 07:43 | シニアの時間 | Comments(2)
Commented by at 2011-02-21 00:55 x
やはりアメリカでも裾上げ料金は発生するのでしょうかね?
此方に来て、裾上げに料金が発生することに驚いた。
Commented by shinia62 at 2011-02-21 05:12
魚さん
裾上げはスーツの値段に含まれています。アメリカでは買った時にどんどん注文を出しましょう。


<< 赤い靴、はいてた〜〜♪ じゃな...      ツイッター >>