2011年 01月 16日

久しぶりの撮影報告、、、はこんなものです。

c0053177_716897.jpg


今日は外出先から日記を書いている。
なので水彩画画像は無い。
家に帰ってから載せようと思う。
あしからず。
それでは今日の本題に。

我が家の電話は滅多にならない。
今年初めての電話は先週水曜日の午後であった。
「なんとかかんとかプロダクションですが」
と大きな女性の声。大きすぎて受話器を耳から離した。
「あなたのプロファイルをナウ・キャスティングで見て電話しています」
ナウ・キャスティングは私が一番最初にプロファイルを載せたネットキャスティングHPだ。
「あるドキュメンタリーで日本のビジネスマンを演じてくれる俳優を捜しています。
興味ありますか」
「はい、すごく興味あります」

と、まあこんな風にスタートした今回の仕事。
内容はナショナル・ジオグラフィックのドキュメンタリー
その中の東京シーンで何かをやるのだとか。
あなたには会社のボスをやってもらいたいのでスーツを用意してください。
撮影は今度の金曜日」

それで行きましたよ。金曜日の午後1時半。
現場についたら、そこは誰かのアパートのような、
はたまたオフイスの様でもある。
そこで詳しい説明を受けた。
それで分かったのだが、私はボスはボスでもやくざのボスだった。

まずそのオフイスみたいなところで
やくざが花札賭博をやっているシーン。
テーブルの上に偽の一万円札がどっさりある
なぜか麻薬の包みが六個あるのだけれど。
三個ずつ色が違うのはコカインとマリファナの二種類か。
テーブルには拳銃やマシンガンがごろごろと。
このモデルガンは日本で買ったのだとか。
何をか言わんやである。
そんなことはどうでも良いけれど、
万札をどさっと投げ出したり。
ビール飲んでるふりしたり。

それが終わると別の場所に移動。
そこにはグリーンスクリーンがあった。
後で背景を映し込むテクニックだ。
その背景は日本のどこかの赤提灯が並ぶ通りになる。
こんなときのやくざボスの役は、
子分を従え肩を怒らし歩くシーンばかり。

私の他に4人のアジア人俳優がいた。
一人は中国系アメリカ人。
その彼はほんまもんの入れ墨が体に入っていて凄い。
「日本へ行ったら銭湯へ行けないぞ」
と私たち日本人がからかう。

肩を怒らし歩くシーンを二つ撮ると、私の出番は終わった。
5時間の仕事であった。
食事をして現金を貰って家路についた。
久しぶりの撮影は良い気持ち、、、、、、。

やくざの振りして喜ぶシニアである。

↓ブログランキング向上のためイラストも始めたぞ、下のボタンをポ
チット押してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2011-01-16 08:09 | はりうっど、ハリウッド | Comments(10)
Commented by Marrrsan at 2011-01-16 09:29 x
それドキュメンタリーですか?
俳優を使うなんてやらせですよ。またはドキュドラマ?
さむさんやくざ役おおいですね。顔つきが外人から見ると
ヤクザなんでしょうか?
Commented by shinia62 at 2011-01-17 05:27
ま〜さん
ドキュメンタリーでも昔の出来事など現在撮影不可能ないシーンは役者を使って作り上げるようです。やくざの世界も実際撮影は難しいのでしょう。怖いし(笑)。/プロファイルに載せているヘッドショットは目力を意識して撮ってあるので怖い印象かも。
Commented by 和美 at 2011-01-20 14:56 x
National Geographic とは、すごい!いつ放送とか教えてくれるんですか?ケーブルがないから観れないですけれど、近所の人の家にでも行きますから教えてください。

目力を意識した写真ねー。なるほど。子分じゃなくて親分だから、ますます良いですねー。
Commented by shinia62 at 2011-01-20 23:22
和美さん
何時放映に成るのか見当もつきません。プロダクションの人に訊きましたけど彼らも解らん。と言う事でした。最初の頃は必死で視たかったけれど、今はそうでもない。メジャーな映画にでも出たなら別ですが。笑
Commented by 和美 at 2011-01-21 08:53 x
メージャーな映画だったら、いつでもDVDを借りれるから大丈夫なんですけれど、テレビ番組だと逃してしまいそうですね。ナウ・キャスティングに、わたしも写真を出すと電話がかかって来るでしょうか。「経験なし」と言うと、会話はそこで終わってしまいますが . . . 。(笑)
Commented by shinia62 at 2011-01-21 10:02
和美さん
ナウ、キャスティングは経験無くても電話が来るのでは。何年か前オーデションでメタメタだったのに仕事貰った事あるし。ローバジェットの仕事だと誰もやりたがらないのでそう成るのでしょう。結構小遣いに成るかと思います。
Commented by 和美 at 2011-01-23 16:40 x
わー、オーディションに来てくださいなんて事になったら、わたしゃ足がガクガクになってしまいまっせ。はっはっ(笑)。
Commented by shinia62 at 2011-01-23 23:34
和美さん
仕事は取れないけどオーデションには慣れました。ちっとも良くないけど。
Commented by 和美 at 2011-01-25 02:28 x
いやいや、先日の絵のデモンストレーションのようにオーデションは、他にも役に立ってますよ。娘は高校で、クラス内で発表することが時々あって、昔の日本とは違います。
Commented by shinia62 at 2011-01-25 03:44
和美さん
アメリカの教育は人前で意見を述べられる訓練を早くからしているようですね。どんな経験も無駄に成る事はありません。


<< 今頃に成って、、、、、なぜ?、...      ひさしぶり、はりうっどハリウッ... >>