ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ
2010年 12月 14日

あれまあ、、自分は過去の人?

c0053177_3273143.jpg


 アメリカ人の知人と話していた時、彼が言った。
「寒くなるとスカーフが欲しいね」
それを聞いて、スカーフ? あれって女性の着けるもんじゃないか。
と思った私。
スカーフと聞けば女性が頭にかぶったり首に巻いたりする(古い?)
軽い素材で正方形のあれを思い出す私なのだが。
どうもそうではないらしい。

 後日、彼の買い物に付合った時だった。
マフラーが沢山展示してあるので、それを見乍ら
「これ良いなあ」とひとり言を言ったら、彼が
「ああそのスカーフね」
と言うのでスカーフじゃないよマフラーだべさ。
と思わず訛った私。

 「これマフラーじゃないの?」
「マフラーとも呼ぶけど、普通はスカーフだね」
そ、そうなのか。
マフラーとスカーフって別物じゃないの?
スカーフ、、、、、、、、。
納得出来な〜い!!!!

 私って古い。
日本ではマフラーと呼んでいた。
しかし35年前の北海道の田舎の事だし、
かなり自信がなくなる自分である。

 辞書で調べたら、知人が言った通りマフラー=スカーフらしい。
しかし現在はスカーフと呼ぶのが普通だとか。
アメリカの影響を受けやすい日本国ではやっぱりスカーフなのか。
日米の狭間で私は時代に取り残された男か。

 それにしても首巻きをスカーフと呼ぶ違和感はやりきれない。
マフラーを買いに行ったら緊張しながら
「このス、ス、スカーフください」
とか言う訳か。

 年の暮れ、意外な事実、泣くシニア。

↓ブログランキング向上のためイラストも始めたぞ、下のボタンをポチット押してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2010-12-14 04:03 | シニアの時間 | Comments(2)
Commented by Marrrsan at 2010-12-14 13:09 x
ご心配なく。私も知りませんでした。
これも日本語英語(カタカナ英語)の弊害ですね。
日本では襟巻きはスカーフとは言わないと思います。
パンツと聞くと私はどうしても下着と言うイメージがあります。
Commented by shinia62 at 2010-12-14 13:17
ま〜さん
パンツ=ズポン、そうですよね。私も違和感があります。パンツは下着ではないかと。それじゃ日本では今でも襟巻き(首巻き)はマフラーなんですね。安心した。


<< 看板職人時代  3      看板職人時代 2 >>