2010年 12月 06日

年の瀬の気分を味わった一日だった。ああ、しんど。

c0053177_10161226.jpg


 小東京で朝食会の集まり。
ジョージが出席したので何時もより少し賑やかに。
私はご飯と卵白のスクランブルエッグ。
それだけなのに昼になってもお腹がすかない。
ご飯は凄いパワーだ。
普段はオートミールの日本風お粥を食べるが、
こちらは昼までちょうど良い持ち方をする。
きっと身体がその朝食に慣れているからだろう。

 朝食で一時間余りのお喋り。
その後N氏の家へ。
来年の水彩画デモをするコミュニティーセンターを
二人で下見に行った。
初めて行く場所は事前にしっかり場所を確かめるのが
私のやり方。
その日になって道に迷ったなんて事になれば
焦ってしまい交通事故でも起こしかねない。
気の小さなシニアなのだ。

 初めて行くラ・カニャーダ(La Canada)と言う辺りは
感じの良い閑静な街であった。
そこまでの道すがら紅葉が全くなくて失望した。
でも街に入ると突然美しい紅葉があちこちに。
センターの位置を確かめ一安心。

 近くのレストランで朝食をとる。
私は全く腹が減ってなくて
注文はフレンチ・オニオン・スープだけ。
このスープ、熱くてチーズがもちもちで寒い日には最高。
暫く食べていなかったので美味しい。
N氏はサンドイッチを頼んだけれど
これまた残してお持ち帰りに。
テーラーと言うこの店は、重厚な作りで昼食には大げさな感じ。
もっとも貧乏人の意見なので気にしないでね。

 N氏の街へ戻ると今度はクリスマスショッピング。
これまたちょっといかした街で、
私の住む街とはかなりの差。
皆さん良いところに住んでいるのですね。
彼の近くの繁華街と言うかこじんまりした通りで買い物。
各店の前に小さなテーブルと
無料の飲み物やチョコレートが置いてある。
なんとまあ、余裕なこと。
これを我が町でやったら
あっという間に無くなるだろう。
田舎のネズミと都会のネズミの話みたいな
ギャップを感じる。
古き良きアメリカに迷い込んだみたい。
私ってどこへ行っても貧乏人の行く場所しか知らないから。

 金持ちの振りして胸はって歩き回ったので疲れた。
どんなに頑張っても貧乏人のオーラは消せないのにご苦労様。
私はやっぱり我が家で背を丸め、せこせこ動き回るのが寛げる。
ああしんど。

 ベッドに大の字に倒れ込むシニアである。

↓ブログランキング向上のためイラストも始めたぞ、下のボタンをポチット押してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2010-12-06 11:07 | シニアの時間 | Comments(6)
Commented by 和美 at 2010-12-06 11:40 x
しみじみ共感できる記事でした。わたしもぱっとしない町に住んでいるので、洒落た所に行くと疲れます。
Commented by shinia62 at 2010-12-06 12:00
和美さん
閑静でこぎれいな店が有って、歩いているのは白人ばかりだと僻んでしまいます。(笑) でもテーブルに出ていたチョコレートファッジは凄く美味かった。同じアメリカ、いや、同じロスアンゼルスでこの違いは何?
Commented by 和美 at 2010-12-07 14:00 x
こんな所に住みたいなんて思う町もありますが、物価も高そうだし税金も高いんだろうな、なんて思ってすごすご帰って来たりします。ロスのイメージは「ロックフォードの事件メモ」から来ているんですが、ロスでしたっけ。
Commented by shinia62 at 2010-12-08 01:56
和美さん
私は良いところに住みたいなんて余り思いません。というより貧乏エリアが好きです。寛げると言うか。貧乏が骨までしみている私です。噂によるとその生活環境が想像のエネルギーをくれるとか。
Commented at 2011-09-18 22:17 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shinia62 at 2011-09-18 23:01
杉山さん
ブログ訪問ありがとうございます。これからも時々遊びに来てください。ロサンゼルスシニアの生活を綴っております。


<< 号外、号外、号外、大ニュースだよ。      私は一体何人だ、日本語の不思議 >>