2010年 10月 31日

十五夜お月さん雲の影、、そんでうさぎが、、、

c0053177_5223396.jpg


 病院へ薬を取りに行った帰り、近くの公園へぶらっと寄り道。
以前は散歩の途中で良く此所まで歩いた。
最近は1時間以上の散歩はしない。
近場で30分程度歩いている。
太極拳を始めて運動量が増えたので、
まあ、そのくらいが適当かと思うのだ。

 この公園には大きな池が有ることを以前に書いた。
池の中に小さな島が有る。
橋を渡って島に行けるようになっているのだが、
一般人は入れない。
以前からそうなのか、何かの都合でそうなったのか。
その辺の事情は定かではない。
橋の向こう端には鉄網の頑丈な柵がついている。

 島には水鳥が沢山遊んでいる。
そして、なぜか、沢山のウサギが走り回っているのだ。
それがとても可愛い。
柵が有るのでウサギ達は島から出ることはないから
公園内でウサギが見られるのはこの島だけだ。
と思っていたのだが。

 池を回って橋まで来た時である。
メキシカンのおじさんが橋の上で釣り糸をたれていた。
その後ろに一匹のウサギが後ろ足で立ち上がっている。
餌をねだったいるように見える。
行ったん通り過ぎた私だが、
その可愛いウサギをもう一度見ようと後戻り。
c0053177_5243580.jpg

 そんな時おじさんは釣り場所を変えるらしく
こちらへ向かって歩いてくる。
ウサギもその後をついてくるので
「このウサギは貴方のペットですか」
と訊いたら、本人は全くウサギに気が付いていなかったらしく、
「違うよ」
と苦笑いした。

 どんな方法で島から出たのか解らないが、可愛い。
橋の欄干に腰を下ろし写真撮影。
人慣れしていて怖がる様子もない。
それならとビデオも撮らせて頂いた。

 次いでだからと鉄柵まで行って
中のウサギ達も撮影。
いろんな色いろんな種類が走り回っている。
一応野うさぎみたいなもんだと思うけれど
どれも毛並みは奇麗。
そのままペットとして家へ持ち帰りたいほど。
もともとペットを此所に捨てそれが増えたとも考えられる。

 気まぐれに寄った公園で癒しの一時を頂いた。
人懐っこいリスも馴れ馴れしく寄ってくるし。
歳を取ると公園でリスや鳩に餌をやるのが
楽しみの一つになったりする老人がいるので、
動物達も老人イコール餌と認識しているのかも知れない。

 動物達に餌老人と間違われるシニアである。

 秋深し暇なシニアは動物とたわむる。(字余りand盗作)

↓ブログランキング向上のためイラストも始めたぞ、下のボタンをポチット押してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2010-10-31 05:26 | シニアの時間 | Comments(2)
Commented by Marrrsan at 2010-10-31 08:14 x
さむさんのことだからワザとなんでしょうが、
童謡に「十五夜お月さん 雲の陰~♪」という歌詞の歌は
存在しませんよね。

雨降りお月さんは
「雨降りお月さん 雲の陰~」で始まりますね。
十五夜お月さんと言う歌は
「十五夜お月さん ご機嫌さん」で始まります。
2つの違う歌をうまくを混ぜるなんてさすが。
私は最初全然気づきませんでした。
後でどうもおかしいなぁと思って調べた次第です。
勉強になりました。
Commented by shinia62 at 2010-10-31 08:49
ま〜さん
そう最近の得意技、いろんなところから言葉を盗んで自分が作ったように見せる。さすがま〜さん恐れ入りまする。貴方の目は誤摩化せません。> 秋深し暇なシニアは動物とたわむる。←此れもいろんなところからの拝借句。


<< だからなんだ、関係ないじゃん、ある?      長い長い日記だった >>