2010年 10月 12日

R. C. Gorman

c0053177_10323833.jpg

 押し入れの書籍を整理していたら分厚い画集が出てきた。
ナバホインディアン・アーティスト R. C. Gormanの画集だ。
その最初のページに直筆のサインが入っている。
ページをぱらぱらとめくっていたら
あちこちのページの間に手紙やカードが沢山挟み込まれていた。
彼からのクリスマスカードも有った。

 そうなのだ私は彼ととても親しい友人関係だった。
と言うのは嘘だけれど。
20年以上も前に亡くなった私の親しい友人が彼と文通していたのだ。
彼の死後、その画集は私の元に残った。
好きなアーティストって訳でもないので
画集をゆっくり見る事も無かったから
そのアーティストの事はすっかり記憶から消えていた。

 生前はセレブアーティストでハリウッドの有名スターと親交が有るので有名だった。
彼の直筆のサインが入ったものが沢山有るので、
100年後くらいには価値が出るだろうか。
価値が出ても私には関係ないか。

 そんなには生きられない悲しいシニアである。
って、今生まれた赤ちゃんだって100年生きるのは少ないでしょう。


↓このブログを多くの人に読んでもらうためです、下のボタンをポチット押してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2010-10-12 11:09 | シニアの時間 | Comments(2)
Commented by Marrrsan at 2010-10-12 22:21 x
Gormanって傲慢な人ではないですよね(笑)
有名スタート親交があったからこそ今でこそ価値があるのでは?
こういったセレブアーティストは100年後は忘れ去られている
可能性がありと思うのですが。
Commented by shinia62 at 2010-10-13 00:29
ま〜さん
傲慢ではないし、その辺にゴーマンと居るアーティストとも違うようです。


<< 久しぶりだね、お前と会うのは、、、♪      身に付いた習慣を変えるのは難しい? >>