2010年 10月 02日

作品搬入終わりました。ほっとしてます。

c0053177_751868.jpg


 ラジオが言っていた通り、湿気のある空気が車窓から入る。
雨の匂いを含んだ重い空気だ。
暑い日が続いた後なので、これはこれで気持ちが良い。
ラジオのトークショーを聴きながらサンゲーブルへ向けフリーウエイを走る。

 今日は秋の作品展搬入日なのだ。
今回は頑張って沢山描いたので素晴らしい作品を出品出来る。
と、思っていたのだけれどどれも満足出来ない作品だった。
前回の作品展には1点描くのがやっとだったが、
とても気に入った作品が出来てベスト賞を取るだろうと信じたほどだった。
とにかく精一杯やったので充実した気分ではある。

 久しぶりに東京ロビーレストランへ行った。
サンゲーブルへ行くのは土日が多いので、
昼食をやっていない東京ロビーには行くチャンスが無かったのだ。
金曜日の今日はまたと無い機会であった。

 レストランへ付いた頃、いきなり雷光がそして大粒の雨が降り出した。
天気予報は大当たりである。
大部分の空は青く晴れているのに
私の頭上だけに黒雲が渦を巻いているって状態だ。
大粒の雨の間を縫うようにレストランまで走った。

 懐かしい店内に、これまた懐かしい私の書いたポスターが張ってある。
30何年か前に作ったそれがまだ壁に貼られているのは凄い。
我が子に再会したような感動を覚える。
それにしても物持ちの良いレストランである。
チキン照り焼きと天ぷらのコンビネーションを頂いた。

 帰りは昨日で終わった招待作品展の会場へ行った。
作品搬出の為だ。
半分以上の作品が既に搬出され
空白の多い壁に私の作品が下がっていた。
それを自分で外し、係の人に領収書を見せ、ギャラリーを後にした。

↓このブログを多くの人に読んでもらうためです、下のボタンをポチット押してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2010-10-02 09:17 | シニアの時間 | Comments(2)
Commented by Marrrsan at 2010-10-02 10:48 x
搬入はわくわくするような気持ちで出来ますが、
搬出の時は物悲しいような気持ちになります。
Commented by shinia62 at 2010-10-02 11:43
ま〜さん
売れて搬出に行かなくても良いなんて事になったらわくわくなんですけどね。でも作品展は絵を描く目的を与えてくれるので嬉しいです。


<< 今度はSBWSへの作品搬入。3...      雑用に追われて、、 >>