2010年 09月 17日

A Quiet Moment

c0053177_0393898.jpg


 この作品はある作品展の為に描いた。
30年ほど昔の話である。
水彩画をやるぞと心に決め、町のアートグループに入った。
そして初めての作品展がやってきた。

 今は亡き知人のR氏と行ったアルケディアの植物園で私が撮った写真。
結構いい感じに取れていた。
柔らかな午後の光が木漏れ日となって池の周りに踊る。
よしこれを描いて特賞を取ろう。
と簡単に妄想出来るのが私の良いところ。
今では使う事のない300ポンドの水彩画紙を使って描いた。

 展示会の初日、
私の絵に張られた「得賞」の文字が眩しい金紙。
そんな事を夢見ながら会場へ入る。
私の作品に「特賞」の金紙はなかった。
ここはアメリカ、金紙で特賞なんてのがある訳がない。
それでも一応リボンが付いていた。
それにはHonorable Mentionと書かれている。
日本語ならさしずめ「佳作」だろうか。

 とまあ私には思いで深い最初の本格的な作品である。
ちなみにサイズは今では滅多に描かないフルサイズ。
22”x30”の大きなもの。
私の張り切りようが見えるようで微笑ましい。

 あれから私はこんなに成長した。かな?

↓このブログを多くの人に読んでもらうためです、下のボタンをポチット押してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2010-09-17 01:05 | Comments(0)


<< アルゼンチン      悪いタイミング >>