2010年 09月 13日

危ない!!!

c0053177_5461767.jpg

 日曜日の朝早くヨセミテバレーを出発した。
水彩画クラスは盛況で、私の作品も何点か売れたし
帰りの道は充実した気持ちで山道を走る。
朝早く出たのはヨセミテバレーを一望するトンネル入り口の風景を
日の出と共に写真に収めようとの魂胆だった。
もっともその企みは少々期待外れであった。
日の上る角度のせいで注目していたエルキャピタンは影のままなのだ。
とにかく日の出写真を何枚か撮ると山道のドライブに戻った。

 バレーから公園の入り口まで小1時間かかる。
日が徐々に高くなると山道を曲がった瞬間朝日が目に飛び込んで
一瞬目が見えなくなったりする。
だから運転は緊張の連続だ。
周りの風景を見ているどころではない。
そんな危機一髪状態が3度ほどあった。

 そしてその三度目はかなり危険な状況だった。
この山道は延々と続く。少なくともそう感じる。
だから目的地の事は考えずただ黙々と走る。
しばらく直線コースが続いた後山道は左にカーブした。
スピードを落としてゆっくりとカーブに入る。
曲がり切ってほっとした私の目に真っ赤な朝日が炸裂した。
目が見えない。太陽光線から目をそらし目の前の道路に視線を落とす。
その視線の中に「Stop」と道に書かれた文字と白線が飛び込んだ。

 なんでこんな山道にStopの文字があるのだ。
突然の事で車を止める事も出来ない。
ふと右側を見るとそこにはマウンテン・レンジャーの小屋がある。
私は公園の出口ゲートに着いていたのだ。
私はゲートを過ぎたすぐ右側にある小さな駐車スペースに入ると
そこでUターンした。
恐ろしい一瞬だったなあと思いながら。

 その時、近くで男の声がした。
「あんたはストップの看板が見えなかったのか、それともスピードの出し過ぎか」
背の高い若いマウンテン・レンジャーが小屋の外に立っていた。
「ノー」
私は短く言う。
「どちらでもないと言うのか?」
レンジャーは質問を続ける。
「急に朝日が目の前に出てきたので目が見えなくなったのです」
私はそれだけ言う。
「ああ、そうだったのか。それで入り口のパスを持ってるか」
とてもあっさりとストップサイン無視は許されて出口で行う手続きになった。
予め用意してあった黄色のカードを見せると、レンジャーは言った。
「はい、行っても良いよ。ドライブには注意しましょう」

 その後のドライブでゆっくりその成り行きを思い返してみた。
私だって不注意で看板が見えなかった訳ではない。
しかし運が悪ければ入ってくる車と衝突する可能性もあったのだ。
考えれば考えるほど自分は好運だったと思われた。
幸運のおかげで私はこうして日記を書いているのだものね。

 感謝、感謝、感謝。


 ↓このブログを多くの人に読んでもらうためです、下のボタンをポチット押してね。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2010-09-13 06:42 | シニアの時間 | Comments(6)
Commented by Tsutom at 2010-09-13 07:26 x
そうだよね。
朝や、夕方にちょうど太陽が目に突き刺さることがあるんだよな。
特に私は乱視なので、更にきらびやかに炸裂する訳さ。

だからと云う訳ではないが、太陽を背にして運転する時、車のライトを点灯して走るようにしている。

まぶしくて何も見えなくなっている、運転手に私の車はここに居ますっせ!と 分かりやするするためでごぜえますだ。

よく、対向車が見えなくて、おさむさんのように危機一髪!

なんてぇことがありましたから。

お互い気を付けましょうや。

といっても、向こうから突っ込まれたらどうにもならないけど。

まあ、運は最大限に利用しましょう。

その運のおかげで、こうやってコメントをかけている訳ですから。
Commented by iroha@LA at 2010-09-13 09:54 x
私は最近セコイヤ国立公園とブリストルコーン国立公園に行きました。ヨセミテはむか~しツアーで一度行ったことがあるだけです。何か特別な用事がないと行かないですから。退屈なフリーウェイを長時間ドライブしていると眠くなりますね。気をつけてください。

ところで私もブログを書いています。アニメ作品を作るための創作記録、かつ人に見せるような作品も無いので全然宣伝していないのです。でも来週中にもやっと作品が出来そうです。よろしかったらコメントをお願いしますね。

サムさんの水彩画を見ながらこれだけ上手に描けると背景画も簡単に描けるのにと思いながら昔から見ていました。
Commented by shinia62 at 2010-09-13 12:41
Tsutomさん
本当に世の中は危険がいっぱい。楽しい山道のドライブが惨事にならぬよう気を付けたいものです。
Commented by shinia62 at 2010-09-13 12:43
irohaさん
ブログ書いているんですね。早速お邪魔します。それではこれから。
Commented by genova1991 at 2010-09-13 16:21
お彼岸が近づき、これからどんどん日差しが低くなるので怖いですね。歩いていても眩しいですから。
危機一髪!何もなくて本当に良かったです。
これからも強運を持ち続けて下さいね。
Commented by shinia62 at 2010-09-13 21:43
genovaさん
運転中の眩しい日差しは怖いですね。とくにシニアになりますと、目が眩む瞬間も長くなりますから危険度倍増です。


<< Reception      終わりよければ、、 >>