2010年 09月 10日

ヨセミテ公園 3

c0053177_755424.jpg


 ヨセミテではインターネットが出来ない。
ワイヤレスで出来るらしいけれど、私はそちらはやっていない。
なのでテレビもラジオもない部屋で夜はやる事がない。
最初の日に部屋へ入ったら前の人が置いて行ったのか
薄いペパーバックが机の上にあった。
手に取ってみるとそれはH.G.Wellsの小説「The War of the World」だった。
映画を見ていたので原作に興味を引かれた。
夜は退屈なのでそれを読み始めた。
それに役に立つかと持ってきた癒し系の音楽CD二枚は
正に心を癒す唯一の夜の楽しみになった。
いつもならどうでも良いような小さな事だけれど、
そのありがたみが解る山の暮らしである。

 そうそう、もう一つ退屈しのぎにしていた事。
それはAOLのアカウントに残っている古いメールを読む事だ。
5年前のメールまで取ってある。
それを古い順に面白そうなタイトルを選んで読む。
これが懐かしい昔を思い出させる最高のエンターテイメントだった。
どっぷりと思い出に浸ったヨセミテの夜だった。

 遊ぶものがないと人は創造を始める。

↓日記面白かったら下のボタンをクリックね。明日も書くぞと言う気になれます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2010-09-10 09:19 | シニアの時間 | Comments(2)
Commented by Coconut at 2010-09-11 12:15 x
ヨセミテ滞在中に、夜空はご覧になりましたか?もしかしたら天の川が見られるんじゃないですか?

むか〜し、グランドキャニオンの北側のロッジに泊まった時、夜空の星がまるでプラネタリウムの様だったんです。ヨセミテもそうなのかなぁと思いまして。
Commented by shinia62 at 2010-09-12 21:42
Coconutさん
最初の何年かは夜空見上げてましたが、最近はベッドに入っています。夜空奇麗ですね。でも子供の頃の夜空は本当に奇麗でした。何しろ山奥の一軒家で育ったので周りは真の闇だったし。


<< ヨセミテ公園その4      ヨセミテの事 2 >>