2010年 09月 08日

知らなんだ

c0053177_823761.jpg


 朝の日本語テレビで毎朝ニュースを視ている。
気持ちが暗くなるのでニュースはあまり見ない私だけれど
日本のテレビを応援しようと視ているのですね。
ってのは少々嘘っぽいかな。

 今日のニュースでアメリカでは教育費が削減され
生徒に鉛筆やノートなどを買う予算がなく先生が自腹を切って、、、
なんて内容のニュースをやっていた。
貧しい家では鉛筆も買えないのですよ
と先生だと言う女性が涙声で言う。

 へ〜、知らなかった。アメリカでは学校側が生徒の教材を全部揃えるんだ。
鉛筆や消しゴムまで?
今の日本でもそうなのかもしれないけれど。
私が子供の頃は教材は親が揃えたよね。
我が家は貧乏で藁の家に住んでいたけれど
鉛筆とか消しゴムとかノートとかちゃんと買ってもらってた。
もっとも教科書はお古を近所の上級生から分けてもらっていたけれど。
食べるものを削って教材を買っていた両親。
ああ〜、思い出すと泣けてくる。

 ところでアメリカで鉛筆も買えない貧困家庭ってどんな家庭。
家にはケーブルテレビがあってゲーム機があってなんて事はないでしょうね。
なにしろアメリカ人の言う貧困家庭は
私の子供の頃なら大金持ちの暮らしだからね。

 金を使えば良い教育が出来る訳ではない。
若い頃の苦労は買ってでもしろ。
二宮金次郎を見習え。
ちなみに二宮金次郎の銅像が小東京にあるのご存知?
日本では完全に忘れられているのでしょうか。
にのみやきんじろうと書いて変換ボタンを押しても漢字が出てこないとか。

 どうでも良いけど
こんな事を書いている私は明治時代からタイムトリップしたシニアだべか。

↓日記面白かったら下のボタンをクリックね。明日も書くぞと言う気になれます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2010-09-08 08:56 | シニアの時間 | Comments(4)
Commented by kkagayaki at 2010-09-08 09:21
おはようございます。
子ども時代は確かに貧しかったですが、親が頑張ってましたね。だから子どもが親を殺す今のご時世理解不能です。
アメリカン・アイドルで何とかギブス・バックのコーナーがあっていつもはアフリカとか貧困国なんですが、昨年あたりからアメリカ国内の貧困家庭を映すんですが、「アメリカにもこんな貧しい人が?」ってぐらい貧しいです。びっくりしました。貧富の差が大きすぎますね。日本も同じようになって行くと思います。
日本のテレビ応援しなくていいです。偏向報道と朝鮮半島向けの番組になってしまっていますから。
Commented by marrrsan at 2010-09-08 10:26
なんかそのニュース変ですね。
同情を買うために作られたニュースでは?
教育費の削減で鉛筆ノートなど最低限のものを買えないとは
教育費はゼロということでは。ナンに使っているのかな~教育費。
コンピューターとか生徒に1台づつ買っているからでは?
Commented by shinia62 at 2010-09-08 11:19
kkagayakiさん
アメリカ国内にも貧しい人たちが居るんでしょうね。どちらかと言えば私も貧しいです。アメリカンアイドルでやってましたね貧しい人たちへの募金運動みたいのを。私のところへはまだ援助物資が届いていませんが。
Commented by shinia62 at 2010-09-08 11:23
ま〜さん
そう言われると確かにお涙ちょうだいのプロパガンダって感じのニュースかも。マスミデアも自分達の政治的考えをニュースに入れる時代ですから。


<< 凄い事をやりました。      うまかったあ、、、、 >>