ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ
2010年 08月 27日

加齢臭

c0053177_842714.jpg


 最近良く目にする新語(?)。「加齢臭」
読んで字のごとく、歳を取る毎に臭くなるってことだろうか。
しかも、これは男に多いのだそうだ。
ウィキペディアによると体臭を研究していた資生堂が
その原因になるホルモンを発見命名したとか。

 私は若い頃から汗をあまりかかない体質だった。
だから体臭は全くないと自負していたのだ。
しかし最近これが体臭かと感じるものがある。
脱いだばかりのシャツが甘酸っぱく臭ったり、
足の匂いも以前に比べて強いようで気になる。
そんな時「加齢臭」なる言葉が目に留まったものだから、
そく身体中をクンクン嗅いでみた。

 シニアの男達が集まる朝食会で
「お前臭いな」と隣の仲間に言ったら、
臭いのは自分だったなんて事になったら目も当てられない。

 てな訳で、以前は一週間に一度だった入浴を二度にした。
と言うのは嘘、いや、若い頃はそうだったかも。
現在の私は毎日シャワー取りますぜ。
うんと疲れた時に「面倒だからシャワーやめた」
てな事をしようものなら、たちまち甘酸っぱい匂いが。

 加齢臭の言葉を発見してから
シャワーを取るパターンを変えた。
以前は毎晩(夏の間)毎朝(冬の間)だったのだけれど、
昨日から出かける前にシャワーを取る習慣に変えた。

 ほら、そこの若くない貴方、 加齢臭には気をつけましょう。
こればかりは周りの人も注意し辛いもんね。
カレー臭はうまそうだけれど、
加齢臭はオエッですよね。

 歳を取るって大変です。

↓日記面白かったら下のボタンをクリックね。明日も書くぞと言う気になれます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2010-08-27 09:38 | シニアの時間 | Comments(4)
Commented by Marrrsan at 2010-08-27 10:32
加齢臭とおやじ臭は違うものだと言います。今まで日本で言われていた
おやじの臭いを加齢臭と混同している人が多いようです。
加齢臭とは「チーズ」または「古本」のような臭いだそうです。
おもに耳の後ろとか頭部に加齢臭は発生するようです。
子供の頃父親の枕にある臭いを感じましたが、特にいやな臭いとはおもいませんでした。加齢臭は実在するもののそれはマスコミの宣伝によるものが多いような気がします。なんといっても化粧品会社の資生堂が命名したらしいですからね。
さむさんがブログで言っている臭いは加齢臭ではなく単なる「汗臭さ」ではないかと思います。
枕にチーズ、古本のような臭いがついていれば加齢臭があるといえますが、それ以外の臭いは加齢臭とは言わないものだと思います。単なる汗の臭いとか腋臭とかエトセトラ。
Commented by shinia62 at 2010-08-27 11:41
ま〜さん
情報ありがとうございます。ブログを書いていると本当に勉強になります。ウウィキペディアに確かに書かれていましたね。チーズとか古本の匂い。黴のような匂いかな。
Commented by iroha@LA at 2010-08-27 16:09 x
資生堂は物を売らんとして罪作りな事をしますからね。
「25歳はお肌の曲がり角」というキャッチフレーズも作りました。おかげで25歳はからはおばさん呼ばわりをされたり、暗く過ごした女性が何千万人出たでしょうか。変な勘違いがそのまま定着し偏見とか差別が助長されても困りますね。資生堂の宣伝は影響力が大きすぎます。
Commented by shinia62 at 2010-08-27 21:51
irohaさん
資生堂に限らず金儲け主義の大企業にはいつも庶民が踊らされています。「25歳はお肌の曲がり角」は絶大な効果があったでしょうね。庶民は医学会の発表かと思ってしまいます。(苦笑)


<< SGFAA      それはないっしょ。 >>