2010年 08月 03日

スタジオシティーまで

c0053177_11521654.jpg


 オーデションが有ったのでスタジオシティーへ行った。
バレーは暑い。ギラギラ照りつける太陽に目を開けていられない。
いつものことだけれどうんと早めに現場へ着いたので、
時間つぶしに近くのデパートへ。
AT&Tから頂いた払い戻し用カードを使ってみることにした。
先日デパートで買い損ねたベルトを買おうと紳士物売り場へ。

 なんとここではメーシーズのバーゲン商品と同じ値段でベルト安売りをしている。
予定通り3本のベルトを選んでレジへ。
「このカードこの店で使えますか?」
一応訊いてみる。
注意書きには受け付けない店もあるので確かめてください。
と書かれていたし。

 問題なくベルトを買うことが出来た。
レジの女性が親切にレシートの数字を赤ペンで囲んで、
「金額はこれだけ残っています」
と教えてくれる。
ベルトが安かったからこのカードでまだまだ買い物が出来る。
レストランでも使えるところがあるらしい。

 オーデションはささっと終わった。
帰りはちょうどラッシュアワーにフリーウエイを運転することになる。
いつもは避けている時間だが
今日はそんなことを言っていられない。
早く家に帰りたい。
こんな混雑の中毎朝晩運転は大変だろうな。
自由業の私はその必要がないので幸せだ。

↓日記面白かったら下のボタンをクリックね。明日も書くぞと言う気になれます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2010-08-03 12:13 | シニアの時間 | Comments(6)
Commented by Asahina at 2010-08-03 18:06 x
Dear Osamu, 相変わらず素晴らしい絵を書きますね。貴方は芸術家!私のような雑文書きは、たまにLove Storyを書いたら、悪質な女どもに2チャンネルで卑劣な中傷!またそれを面白がる卑劣な奴が、匿名ゆえに表社会なら名誉棄損で訴えっられそうな悪辣な罵倒と、Mixiで初めて便所の落書きの洗礼を受けました。
警察に告発の上、Mixiは今月末には退会の予定です。OsamuさんのBlogアドレスはコピーしたから、その後は私もBlogで書き合いましょう。Inception見ましたが、渡辺兼のそばにOsamuさんがいなかったのが残念!チョッとデジタル社会の考え過ぎにHollywood活劇で、アナログ的な感動はなかったですね!
我が故郷小樽も中国のデタラメ観光客に占拠され始めました。
Osamuさんの自立した姿が小樽に欲しい!
Commented by Coconut at 2010-08-03 21:26 x
ベルトがお得に買えて良かったですね!

このバレーへ行ったのは月曜日の事ですか? バレーはそんなに暑かったのですね。実は昨日の午前中は寒くて、ウールのセーターを着てしまいました。(笑)午後1時半頃に納豆ご飯を食べたら、どっと熱が湧いて来たのですが、それまで本当に寒かった〜。
Commented by shinia62 at 2010-08-03 21:50
Asahinaさん
ネット上の悪質な中傷は困ったものですね。ニュースを見るとそれが原因で自殺する若者が居るとか。私は命がもったいないのでそんなことは出来ません。★2チャンネル一時はまりましたがもう全く見ていません。まだ健在なのですね。来年の秋頃に北海道へ行こうかと知人と話していますが、どうなることかシニアの来年は10年先って感じです。生きてたら行きます。(笑)
Commented by shinia62 at 2010-08-03 21:54
Coconutさん
昼間は暑くても朝夕は涼しい、寒いくらいですね。バレーが暑いと感じるのはサウスベイとの比較でそう思えるのでしょう。それよりも最近サングラスがないと目を開けていられません。若い頃はサングラスなんて単なるアクセサリーと思っていたのですけどね。今じゃ必需品です。
Commented by Coconut at 2010-08-03 23:51 x
CAの日差しは本当にギラギラなので、サングラスで目を守らないとですよね。
私は若い頃から、サングラスが無いと現象がギラギラして目が開けられませんでした。でもさむさんの様な場合もあるのですね。夫が全然サングラスをかけないので心配なのですが、もう少ししたらさむさんと同じ感覚になるのかも。。。
Commented by shinia62 at 2010-08-04 00:11
Coconutさん
若い頃は大丈夫でも歳とともに目も弱くなりますからね。必要ないようでも目を守ると言う意味でサングラスは使いましょう。と言う自分もちょっと前までそんなこと考えてもいませんでしたが。眼科医にサングラスは白内障から守ってくれますと言われた途端愛好家になりました。


<< 蝶のように舞う      コミック、またの名を漫画 >>