ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ
2010年 08月 02日

コミック、またの名を漫画

c0053177_95275.jpg


 日本人が経営する日本食レストランへ行くと
漫画本が沢山置いてある。
子供の頃は私だって漫画に夢中になったものだけれど、
今では全く興味がない。
30代くらいで読まなくなったかなと思い出している。

 レストランで注文した料理が出るまで漫画を読む日本人も
30代が上限に思えるのは私の思い込みかな。
私にとって漫画は漫画でコミックではない。
コミックと聞くと笑いを取る演技か、漫画であっても笑いを狙うもの、
そんな印象を持ってしまう。

 絵の好きな子供って一度は漫画家になる夢を見る。
私も夢を見たね。
でもそれは無理そうだと解ると、今度は挿絵画家の夢。
イラストレーターではない挿絵画家ですぞ。
何が違うか。純日本語とカタカナ語の違い。

 日本で少年サンデーや少年マガジンが創刊されたとき
私は本屋の店員をしていた。
知ってました?         知るわけないか。
漫画や書籍は売るほど有ったから仕事が終わると好きなだけ読めるのが嬉しかった。
あの頃の興奮はどこへ行ったやら。
歳を取るってこういうことなのかね。

 そんな訳であるから、年寄りは昼寝でもするか。
さようなら。
 
↓日記面白かったら下のボタンをクリックね。明日も書くぞと言う気になれます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2010-08-02 09:40 | シニアの時間 | Comments(6)
Commented by Coconut at 2010-08-02 12:17 x
私も漫画家になりたいと思っていた時期がありました。(笑)そのうちイラスト描いたりしていましたが、自分よりずっと上手な友達がいたんですよね。今彼女はどうしているのかなぁ。。。(遠い目)
Commented by shinia62 at 2010-08-02 13:05
Coconutさん
漫画って楽しくて金儲けが出来そうな気がしますもんね。ところがどっこい。絵描きも大変だけど、まあ好きなことをしているのだから良しとするか。
Commented by Marrrsan at 2010-08-02 15:59
さむさんが本屋で働いていたとは噂に聞いていたです。
そうですか少年マガジン、サンデーが創刊した時もう働いていた・・・
私は幼稚園か小1でした。
日本では50代60代も漫画読むようです。漫画好きの首相(60代)もいました!
漫画と言っても今は子供向きと大人向けがありますよね。昔は子供向きだけでした。
そういえば今NHKの朝のドラマは「ゲゲゲの女房」で水木しげるの奥さんをモデルにしたドラマ。水木しげるの漫画家としての生活が描かれていて面白いです。たぶんロスでは2年後くらいに放送されますので、
ぜひご覧ください。
Commented by shinia62 at 2010-08-02 22:04
ま〜さん
私は15歳で働き始めました。そして初めての仕事が本屋の住み込み店員。だから凄い昔のことですね。★朝のドラマはただいま「瞳」をやっています。見てはいませんが。「ゲゲゲの女房」は見たいですね。
Commented by Coconut at 2010-08-03 11:23 x
「ちりとてちん」は観ていたのに、「瞳」は観ていないんですね。
NHKの朝ドラって、いつも始まりは「今回は面白くなさそう」などと思うのですが、なぜかそのうち楽しみに観てしまいます(笑)。
Commented by shinia62 at 2010-08-03 11:46
Coconutさん
日本語プログラムは同じ番組をしつこいほど繰り返すので、見たくなくても目に入りますね。でも瞳は今のところ全く興味ありません。ちりとてちんは予告編が面白そうだったので最初から見てましたけどね。


<< スタジオシティーまで      あらあら、、 >>