2010年 07月 26日

美術の夏?

c0053177_10582895.jpg


 美術の夏ですね。あれは秋だったかな。
どうでも良いけれど美術愛好家のN氏に誘われ
日曜の午後ロサンゼルス郡立美術館へ出向いた。
其処では私の大好きなアーティスト
Thomas Eakins展が開催されているのだった。
私の大好きなってのは大嘘で、
彼については若者がレスリングする絵で有名な画家程度の知識。
N氏は彼の絵が好きなんだそうだ。

 美術の前に腹ごしらえ。
コリアタウンにあるレストランで昼食。
其処からまっすぐ美術館へ。
前回ここへ来たのはいつだったかな。
半年前だったかも。
ルノアール展の時だ。

 展示会場はエアコンが効いていて寒過ぎ。
彼の油絵や写真にはやたら若い男のヌードが多くて好みが合わん。
ルノアール展のとき同時に開催されていたアメリカの画家展に
彼の作品が有ったのを覚えている。
例の若者がレスリングするシーン。
変に固くて私は嫌いだったがN氏は高得点を入れていた。

 今回の展覧会で私の思いはさらに強くなった。
このアーティストの絵好きではない。
しかし一点だけ気に入った作品が有った。
それはある作品のための習作。
光と陰だけを荒い筆使いで描いてあり、
人物の形など殆ど無視しているのだが
的確に捉えてあるので何人かの若者が居るのを感じ取れる。
その完成作品が隣に並んでいるのだが
私はその習作にとても興味を持った。
あの感じでズバズバと自由に描けば良いのにと思った次第。

 美術の後はまた食い気。
マリーカレンダーでコーヒーとパイを頂く。
この店はファミリーレストランで知られているのだが、
美術館のすぐ隣にあるこの店だけはクラスが上なのだそうだ。
確かにN氏の言う通り私の知っているマリーカレンダーとは全く印象が違う。
店の中では昼間だと言うのにピアノの弾き語りなんかやっていた。
渡米したころピアノバーでギターの弾き語りアルバイトをしていたのを思い出す。
帰りがけピアノ弾きの男にチップを上げるN氏に感激。
私はあげませんでした。
ケチだから。じゃなくて貧乏だから。
有名になってロサンゼルス郡立美術館で私の作品展が行われるようになったら
どっさりチップやっからな。
それまで待ってれや。
わしもはっちゃきこいで頑張るから。
と心の中でつぶやきながら
貧乏絵描きは眩しいカリフォルニアの陽光の中へ去って行くのであった。

(完)

 私の場合死んでもそれは無理だろうなあ。

↓日記読んだらクリックしてね。明日も書くぞと言う気になれます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2010-07-26 12:03 | シニアの時間 | Comments(8)
Commented by Marrrsan at 2010-07-27 10:28 x
トマス・エイキンズ(日本ではこれが公式名?)って日本のウィキペディアはほんとに短いですね。日本では人気が無い証拠?
「グロスクリニック」という絵で物議をかもし、ヌードを描くべきと授業で女性にヌードを描かせて問題になったり、生前は評価が低かった人のようですね。肖像画家としても有名ですが、その展示は男性ヌードが中心だったのですか?
Commented by shinia62 at 2010-07-27 12:19
ま〜さん
作品の内容はいろいろありましたが、若者のヌードが目立ってました。良く知られたレスリングの絵もその延長って感じ。私はあまり好きではない画家です。肖像画は良いですけどね。
Commented by 和美 at 2010-07-28 12:59 x
ギターの弾き語りアルバイトをされていたんですか?
Commented by shinia62 at 2010-07-28 21:44
和美さん
アメリカへ来たばかりの頃やってました。若い頃って怖い物なしですね。
Commented by 和美 at 2010-07-30 09:13 x
すごい!楽器が弾ける人は尊敬です。ピアノは少し弾けますが、人前で弾けるようなものではないです。
Commented by shinia62 at 2010-07-30 09:26
和美さん
その当時のギターは3台押し入れに眠っていますが、全く触っていないので音は出ないでしょう。子供の頃ピアノを弾きたかったけれど、日本の法律では男の子がピアノを弾くと死刑になる時代でした。
Commented by 和美 at 2010-07-30 15:45 x
そう言えば、ピアノを習っている友達はみんな女の子でしたね。
Commented by shinia62 at 2010-07-30 21:47
和美さん
そうでしょう。きっと男の子でピアノを習いたいのも何人か居たはず。そしてそのチャンスが有ったら、今頃は有名なピアニストになって世界中で活躍していたかも。私を含めて、なんちゃって。


<< 水彩画家、今日の仕事内容は      いきなりヒット数が、、 >>