ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ
2010年 07月 08日

アメリカンドリーム

c0053177_11395643.jpg


 私のアメリカンドリームは、、、、
寿司をカウンターで注文しながら食べること。
まだそのような経験がないのである。
何しろ私の最高の贅沢は、
トウダイレストランの寿司食べ放題か回転寿司くらいなのだ。

 それじゃなんで寿司をカウンターで食べないのか。
なんかとっても高そうで怖いから。
懐具合が心配で「これいくら」なんて訊こうものなら
批判と蔑みの目が一斉に私に向けられそうだし。
値段を心配する輩の来る場所ではないと店を追い出されそうだ。

 それなのに私は寿司が好きである。
日本に居た頃は身分相応に
「握り(竹)一人前お願いします」
と角のテーブルで注文していた。

 前置きが長くなったが、
そんな私のアメリカンドリームがついに叶えられた。
私の夢を聞いたある奇特なお方が誕生日に夢を叶えてあげると言うのだ。
7月6日夕方、私達は小東京へ向かった。
ある美味しいと評判の寿司レストランへ行くのだ。

 小さな店だが評判が良いらしい。
私を連れてきてくれた人が「カウンターをお願いしたい」と言うと、
あいにく予約が入っていると言う。
テーブルはたくさん空いているけれど、
今夜は寿司を食べることよりカウンターに座ることに意味が有る。
ストレートな物言いをするその人は、
カウンターに座れなくては意味がないと言い張る。

 「角の方が二つ空いているのですが狭いから」とシェフ。
ちょっと考えてその人は言った。
「そこでも良いです」
とにかく我々は寿司カウンターに座ることとなった。
私のアメリカンドリームはこうして実現しようとしていた。

 しかし、この緊張は何だ。
寿司シェフは見るからに良い感じの人だけれど私は意味もなく緊張する。
そして私は突然黙りの人となった。
時々笑顔を作ったり、質問されたらうなずく。
日本語を忘れた変なシニアである。
注文は同伴者であるのその人の言うなり。
「いくらはどう?」
私は無言でコックリ。
「ウニは?」
またまたコックリ。
「次はカンパチどうかな」
コックリ、
「中トロ、良いの有るそうだよ」
中トロってなんだ、コックリ。
「ほかに食べたいものある?」
コックリ、
何だよ自分、コックリさんか?

 「最後に甘エビにしましょうか」
と、その人。
私はもちろんコックリ。
「甘エビの頭でみそ汁を作りましょうか、それとも天ぷら?」
と言うシェフに、えっ、そんなこともしてくれるの、と私。
そう言えば回転寿司で甘エビ頼むと頭は付いてないよなあ。
でもその頭がどうなるのか考えた事もなかった。
「回転寿司で甘エビを注文したとき頭はどうしているのかなあ。
従業員達が賄いの食事で食べているのだろうか」
などと言ってシェフの失笑を買う。
少しずつ山下清風になる自分。

 最後のエビの頭のみそ汁は本当においしかった。
こんな美味しいものを生まれて初めて食べた。
気がつけば緊張もほぐれ山下清全開になっている私であった。

 めでたしめでたし。これで私の誕生日は無事終わりを告げた。
毎年誕生日には一人でインスタントラーメンを食べてる私なのに、
っていうか自分の誕生日を忘れている私なのに、
今年はこんなに良いことが沢山起こっている。

 ところで今年で何歳になったんだっけ。忘れた。

↓日記読んだらクリックしてね。明日も書くぞと言う気になれます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2010-07-08 12:45 | シニアの時間 | Comments(10)
Commented by Marrrsan at 2010-07-08 13:33 x
アメリカンドリームが「カウンターで寿司を食べること」とは
日本的ですね。(笑)

一言付け加えさせていただきますと、
正確に言うと「アメリカンドリーム」と言うのはアメリカで成功して幸福や富を手に入れることを言うようで、アメリカンドリームの意味の使い方が正しくないようです。この場合ただの夢、ドリームと言うことでしょうか。
Commented by at 2010-07-08 21:05 x
宝くじでも当たったのかと思っちゃった。
アメリカの回転寿司屋って、やはり日本のより
値段設定が高めなのでしょうかね?回転寿司屋でも
十分美味しいと感じる私です。
Commented by shinia62 at 2010-07-08 21:53
魚さん
回転寿司は長い事言ってません。値段的には日本と変わらないと思います。寿司を思いっきり食べるのはやはりトウダイレストランの生寿司食べ放題ですね。
Commented by shinia62 at 2010-07-08 22:08
ま〜さん
はい、次から気をつけます。とてもためになるブログですねここは。
Commented by 和美 at 2010-07-09 01:57 x
わたしもカウンターでは緊張してしまうので、2回しか食べた事がありません。ケチなのが理由の一部になっているようです。最後には楽しめたようで良かったですね。読んでいて心配しましたよ。
Commented by Coconut at 2010-07-09 02:03 x
カウンターでお寿司、夢が叶って良かったですね!(それに羨ましい)
甘エビが食べた〜い! 日本で回転寿しに行くと、甘エビばかり食べています。(笑)

TODAIもずっと行って無いので行きたいのですが、あと一時間開店時間を早くして欲しいなぁ〜。
Commented by shinia62 at 2010-07-09 06:31
和美さん
受け狙いで誇張して書いていますので、話三分の一くらいに受け取ってください。最後のみそ汁は本当に美味しい経験でした。
Commented by shinia62 at 2010-07-09 06:34
Coconutさん
甘エビ美味しいですよね。前に寿司屋さんへ行ったときテーブルに座って寿司を注文したのだけれど、甘エビだけは値段が書かれていませんでした。高いぞと言われたみたい。
Commented by ボン子 at 2010-07-09 16:11 x
あぁ、読んでて自分も緊張しちゃいました。
最後の「忘れた」の一言もサムさんらしくていい
Commented by shinia62 at 2010-07-09 22:11
ボン子さん
一度経験したらもう良いです。同じものをテーブルでゆっくり食べたい。


<< 作品その15      日本人最高! >>