ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ
2010年 06月 30日

作品その13

c0053177_7512416.jpg


 作品その13はタイトル「五月野」。
サンタバーバラ郊外をドライブ中に見つけた風景だ。
菜の花みたいだが菜の花ではない黄色の花の群生。
まるで夢の世界のように美しく夢中で写真を撮った。

 5月は野の花があちこちに咲き乱れ
山道のドライブが楽しい。
目的なしのドライブは、時には細い脇道に入ったりする。
そんなところで面白い発見があたりするので楽しい。

 4点出品した大型サイズの絵でこれだけが売れた。
「作品展の時期柄、春らしい題材も描いたらどうでしょう」
そんな助言に従って最後に慌てて描いた作品である。

↓日記読んだらクリックしてね。明日も書くぞと言う気になれます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2010-06-30 08:02 | Comments(4)
Commented by 和美 at 2010-07-02 03:56 x
どのくらいの大きさなんでしょう。部屋がぱっと明るくなるような絵ですね。

お礼を言おうとして忘れていましたが、日本語と英語を変換するキーについての記事、ありがとうございました。今まで知らなかったんです。時間省略、人生簡潔化で助かっています。
Commented by shinia62 at 2010-07-02 05:50
和美さん
この作品はイメージが11”x15”です。全紙四つ切りですね。売りやすいことを考えて小サイズを中心に描くと言う提案であったので、これが一番大きなサイズとなりました。普段描く作品では小の方ですけどね。★言語変換のキーボードショートカットを知っていると便利です。わざわざメニューバーをマウスでクリックしていると結構時間のロスになります。時によっては一つの文の中で英語と日本語両方で書きたい場合もありますからね。役に立って嬉しいです。
Commented by 和美 at 2010-07-02 06:47 x
作品はもっと大きいのかと思っていました。アメリカでは額は注文なさるんですか?日本の展覧会は日本の額ですか。日本は額が高価だと思いましたが。
Commented by shinia62 at 2010-07-02 07:12
和美さん
アメリカでは額は大量にまとめ買いです。ピースで買い組み立てる額縁です。これは展示のときに使うもので、インテリアに合わない場合額縁なしで売ります。マットや額縁にバラエティーを持たせると際限なくなり無駄が出るので一種類しか使いません。マットも白がほとんど。★日本の展示会では日本のサイズで用意したので大変でした。それらのマットはこちらでは使えませんから。額縁はギャラリーで付けてくれる条件でした。出なければ外国でショーをやるのは無理かも。大金持ちで日本でもヨーロッパでも家があるのなら世界をまたにかけ展示会をしたいと思いますが。もっとも大金持ちだったらそんなことしたくないかも。


<< 誕生日が癖になった男      誕生会で縮む寿命 2 >>