ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ
2010年 06月 13日

作品その10

c0053177_9445823.jpg


 自然に頭に浮かぶ事柄を日記に書いたら
暫くはiMacの事ばかりに成りそうなので、
今日は日本の作品展示会に出品した作品紹介に戻ろう。

 その10は、中型サイズでタイトル「死木」。
これをどう読むかは皆さんにお任せしよう(笑)。
何時もの事だがタイトルを付けるのが苦手な私だ。
作品展に出品するようになってタイトルに悩むようになった。
それまではタイトル無しの作品を売っていた。
お客さんに訊かれたらその場で考える(笑)。
その結果タイトルが「リンゴ#1」「リンゴ#2」のように
符号に等しいものになる。
その一方で抽象画を描くと作品そのものよりタイトルに力が入ったりする。
訳の解らないものを描いているのだから、
タイトルで好印象をゲットしようとのもくろみだ。
と言うのは冗談でございますが、、、、。

 以前から気が付いていたのだけれど
アメリカの水彩画家達の作品に良くこの枯れ木が横たわる風景がある。
そしてそれは川とか池とかの水のある風景でなくては成らない。
真っ白に枯れた死木が川の上に橋のように横たわる。
確かに面白い題材ではある。
てな訳で、私も一応アメリカの水彩画家なのでそのような題材に挑戦してみた。

 これはヨセミテ国立公園で見つけた風景だ。
面白そうな題材だったが今回作品展の為に描くまで
一度も描こうとは思わなかった。
何時もと違った紙で描いたので戸惑いがあったが
面白い仕上がりに成ったと思う。

↓日記読んだらクリックしてね。明日も書くぞと言う気になれます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2010-06-13 10:20 | Comments(2)
Commented by Coconut at 2010-06-14 12:39 x
わ〜、この作品、凄く良いですね〜!売れた作品の一つですか?
アメリカの水彩画家が描くモチーフの傾向ってあるんですね。そう言えば、こういう木が水に倒れている風景って、日本では見た事無いですね。って、私がそういう場所に行った事が無いだけだったりもして。
Commented by shinia62 at 2010-06-14 23:02
Coconutさん
これは売れた作品の一つです。作品の中では最後近くに描いたもので、率直題材が無くなっちゃった頃でした。それで以前からどうしようかと温めていたこの題材を思い切って描いた次第。


<< J氏      万歳、万歳、ばんざ〜い。 >>