2010年 06月 02日

北海道へ、、、

c0053177_11242426.jpg


 朝の散歩から帰ると留守電にメッセージが。
ヴァレーに日本食バッフェーを見つけたから
一緒に昼を食べようと言うノエルからの誘い。
店の名前が「北海道」である事、
ノエルが奢ってくれると言うのに惹かれイェスと答える。
場所はエンシノ。
以前毎日のように通った町だ。

 買い物の予定があったので朝一番にマーケットへ。
メインの買い物は水。
北海道の田舎で我が家の井戸水は美味しいと町の評判だった。
そしてその水は無料である。
時は移って水を買う時代になったのだね。

 おっと話しがそれた。
エンシノのレストラン北海道は立派な店であった。
私達が一番乗りだったらしく
ドアを開けると従業員一同がずらりと並んで
「いらっしゃいませ!」
おいおい、デパートの開店時間か。
もっとも日本語はそこまでだったりする。

 出て来た私のお茶が冷たかったのでびっくり。
ノエルがアイスティーを注文したので
私のグリーンティーまで冷たくしたのかなあ。
普通のきゅうすで出て来ると熱いお茶と思う私は日本人。
もちろん熱いお茶に替えてもらう。

 ノエルの報告によると生寿司もあると言うので期待が湧く。
何時ものように寿司カウンターへ突進する。
ノエルは生魚は食べないようだ。
日本では少し食べたと自慢していたけれど。

 生寿司は鮭、マグロ、白身の魚(名前解らない)そして卵。
卵は生寿司? とにかくそれしか無い。
選択に悩む事なく全種類を皿に並べる。
生魚がどうでもいい人には他の料理は盛りだくさん。
その種類の多い事。
久し振りに食べ過ぎの気分。
デザートのケーキ、アイスクリーム、その他はスキップした。

 ノエルさんごちそうさま。

↓日記読んだらクリックしてね。明日も書くぞと言う気になれます。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


[PR]

by shinia62 | 2010-06-02 11:27 | シニアの時間 | Comments(10)
Commented by Marrrsan at 2010-06-02 12:58
奢ってくれるなんてノエルさん、金銭的にも身体的にも
太っ腹ですね。w
Commented by kkagayaki at 2010-06-02 13:22
ノエルさんって何系なんですか?
ずらーっと並んで「いらっしゃいませ」デパートで経験しましたが、照れくさいですね。魚好きの私にはたまらないレストランです。生魚たべないなんてもったいないなぁ!
Commented by Coconut at 2010-06-02 20:37 x
そのレストランはHokkaido Buffetですか?

いつも登場するノエルさんってどんな人なんでしょう。すごく近いお友達がいて良いですね!
Commented by at 2010-06-02 21:42 x
「北海道」なんて新鮮な魚介類を連想させていいですね。
ココの町に「銀座」という日本食レストランがあります、、、
全く銀座じゃありません(w
Commented by shinia62 at 2010-06-02 23:32
魚さん
北海道と言えば蟹とか新鮮魚介類ですよね。それらはあまりなかったです。中華みたいな料理がメインでしたね。
Commented by shinia62 at 2010-06-02 23:33
ま〜さん
正にその通り太っ腹。
Commented by shinia62 at 2010-06-02 23:37
kkagayakiさん
ノエルは白人です。っていうかいろんな血が混じっているとの事です。生魚食べない人が日本食バッフェへ行っても勿体ないです。平均的に値段が高いし。北海道は他に比べると安かったですが、その分生ものが3種類と言うのはがっかりですが。
Commented by shinia62 at 2010-06-02 23:43
Coconutさん
レストランの名称はHOKKAIDOレストランでした。エンシノで少々遠いのが難点。ノエルはシニア仲間で、私の作品の愛好家です。私の水彩画作品「Let's take a rest」のモデルですよ。私の水彩画ブログ(英語)に載ってます。
Commented by Coconut at 2010-06-03 20:54 x
私が知っているHokkaido Buffetと同じ系列(?)のようでした。
こんなのがありましたのでどうぞ。エンシノよりロングビーチの方が近いですよね?
http://www.hokkaidoseafood.com/
Commented by shinia62 at 2010-06-03 23:59
Coconutさん
Hokkaido Buffetはロングビーチにもあります。名刺にはこの2つの店が載ってました。


<< 作品その6      秘密の水彩画作品 >>