2010年 05月 11日

レントゲン

c0053177_1057852.jpg


 レントゲン写真を撮るなんて何十年振りだろうか。
最後に撮ったのはアメリカ初入国の時かなあ。
そんな事は無いだろうけれど全く覚えていない。
その手順は昔と変わらない。
「ハイ、息を止めて」
なんて言われるのが懐かしい。
最初に「大きく息を吸って」と言われた時
私はちょうど息を吸い込んだ時だったので
これ以上吸い込めない状態に。
それでも追加に少し吸い込んだ。
あれで良かったのかと心配に成る。
横向きのも一枚撮って終った。

 出来上がった写真を明かりの入ったパネルに差し込む。
見ている角度のせいなのかずいぶん白っぽい。
「どうですか私の肺の状態は」
と訊きたくなったけれど、彼はレントゲン技師なのだ。
後でドクターから説明があるだろう。

↓日記読んだらクリックしてね。明日も書くぞと言う気になれます。

[PR]

by shinia62 | 2010-05-11 10:59 | シニアの時間 | Comments(2)
Commented by Coconut at 2010-05-12 04:47 x
今回のレントゲン撮影は、先日の事故後のチェックアップですか?
何も異常がありません様に。

こちらの医療機関は、日本の病院の様に一所で用が済まされないのが面倒ですよね。あ、でも加入している保険によっては日本と同じ様なんでしょうかね。
Commented by shinia62 at 2010-05-12 08:56
Coconutさん
肺炎後のチェックアップです。前回ドクターに会った時肺に白いスポットが見られたので、ドクターはそれが気に成っているようです。何事もありませんように。


<< お帰りなさい!      携帯電話 >>