ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ
2010年 04月 25日

まったりと

c0053177_8131529.jpg


 何時もと違うまったりした時を過ごした。
コンピュータールムの床に毛布を敷きその上に寝転んで童謡を聴く。
日本のメル友に送って貰ったCDだ。
子供の頃童謡を聞いて育ったのでとても懐かしい。
2枚有る最後のCDは夢心地で聴いていた。
極楽極楽。

 赤い靴履いてた女の子、
異人さんに連れられて行っちゃった。
今では青い目に成っちゃって
異人さんのお国に居るだろう。

 ただ聴いていると何ともロマンチックな唄だが
この童謡にはそのロマンを壊す様な真面目でお固い定説が有るそうだ。
興味を惹かれてネットで調べてみたら、エエッ!
この詩を書いた野口雨情が社会主義者で
日本での社会主義運動の挫折に悲観して書いた詩だって。
赤い靴はロシアの事であり、、、、。
それ以上知りたくない話し。

 でももう一つの定説、北海道で宣教活動をしていた外国人牧師夫婦の養子に成り
海を渡った岩崎きみの事を唄った詩と言うのを信じたい。
これにいろいろ否定的な意見が有るそうだけれど。
出来る事ならそんな事は知らずに聴いていたい童謡である。

↓日記読んだらクリックしてね。明日も書くぞと言う気になれます。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


 
[PR]

by shinia62 | 2010-04-25 10:57 | シニアの時間 | Comments(6)
Commented by Marrrsan at 2010-04-25 13:13 x
その昔「異人さんに連れられて」と言う部分を
「いい爺さんにつれられて」と思ってました。
Commented by shinia62 at 2010-04-25 22:57
ま〜さん
童謡を聴いたのは子供の頃なので歌詞を誤解している唄が沢山ありますね。私の場合「ああ面白い虫の声」を「青も白い虫の声」と思っていて「青がどうして白いんだろう」と悩みました。(笑)
Commented by Coconut at 2010-04-25 23:01 x
そんな裏話(?)があるんですね。全然知らなかった。
Commented by shinia62 at 2010-04-26 11:23
Coconutさん
私も知りませんでした。日本語TVで宣伝していた童謡CDのコピーにそのような事が書かれていたので調べてみました。でもドロドロした制作時の裏話は知らない方が良いかと思います。童謡は子供に夢を運ぶ唄で有って欲しい。
Commented by 和美 at 2010-04-27 01:30 x
日本の童謡はメロディーが物悲しくて、聴いていると悲しくなってしまいます。わたしだけでしょうか。

日本国歌は言葉が長く引き延ばされてしまうので、意味が良く分からなくなってしまいますね。苔のむ〜す〜?などという感じです。
Commented by shinia62 at 2010-04-27 07:51
和美さん
確かに曲層はマイナーコードが多いですが、それが郷愁を誘う原動力ですね。私の場合童謡を聴くとただただ懐かしい思い出に浸ります。


<< 秘密を知った今、、      新作をどうぞ >>