2010年 04月 10日

紹介文

c0053177_10423012.jpg


 日本の作品展が始まりました。
今回一緒にやってるアーティストの1人ま〜さんから
作品展の様子が報告されてきます。
今回凄く嬉しかったのは、
ま〜さんともう一人のアーティストみょうがさんの繋がりで
北海道立近代美術館の主任学芸員なる立派な肩書きの人が
私達の作品展紹介文を書いてくれた事です。
その内容をここに載せたいと思う。
北海道出身の私としては、
北海道立近代美術館と言う偶然が嬉しい。


彼らの海、彼らのカラー 「See the Sea」展によせて


穂積 利明

斎藤おさむ、榎本みょうが、新井正博。三人の頭文字をとってS・
E・A。
「See the SEA」は、まずは、私たちを見てください、という
タイトルだ。3人の個人的に結びあったアーティスト、クリエイ
ターのグループは、自己紹介をするつもりでこの展覧会をひらくこ
とにしたことが、この展覧会名からもはかられる。
今更ながらいえば、彼らはある統一的表現分野や内容があって集
まったグループではない。タイトルがあらわすとおり、まずは展覧
会で人の目にさらされること、その人の目に洗われることが意図さ
れている。
しかしながら、三者三様の彼らのつくるものを並べて眺めている
と、ある共通項を読み解くこともできなくはない。筆者自身は、カ
リフォルニアの画家リチャード・ディーベンコーンの描く、抽象画
とも風景画ともつかない、不思議な色板の組み合わせで成立する作
品を思い出したりしたのだけれど、人によっては、からっと乾いて
いながらも単純化され、ある種の静謐さも漂うディヴィッド・ホッ
クニーの作品などを思い起こすことも可能であろう。三人の彼らの
作品は、その色遣い、色合い、カラーといったものが独特のような
気がする。
 「S・E・A」の順番に沿ってそれぞれについて
見ていこう。
 まず水彩画家の斎藤おさむ。北海道に生まれ、若干15歳で
小樽の看板職人を経験、その後、1970年代半ばに米国に渡っ
ている。80年半ばからはサングローバル美術協会、ビバリー
ヒルズ美術協会に所属して水彩画に専念するようになり、ロサンゼ
ルスカウンティ美術館でのグループ展などを拠点に作品発表を行っ
ている。その経歴どおりに、斎藤の作品にはカルフォルニアの具象
画の歴史を直結したような、おおぶりで大陸的な自然観と色彩が息
づいている。日本の水彩画が南画や水墨画に結びついているのに比
べると、エッジがクリアで、余白をもたない水彩画は、実にアメリ
カ的だ。色彩は混じり合わず、ミックスサラダのようにそれぞれが
それぞれのカラーを主張しながら、瑞々しく調和がとれている。
 榎本みょうがの作品は、いわゆるファインアートではない。バッ
グクリエイターもしくはもっと素直にバッグ職人、というべきか。
斎藤と同じように80年代半ばからビジュアルアートの世界、
いわゆるデザインワークに関わるが、パソコンの画面上でハイテッ
クで自在なアートワークを扱いながらも、私生活では手仕事を愛
し、糸や布、リボンやボタンといった素材をもとに、さまざまな質
感と風合い、カラーと柄の組み合わせによるバッグづくりを試み
る。その世界観には、「ガーリー」という言葉に集約されるよう
な、少女文化がクールだった時代へのノスタルジーが含まれてい
る。中原淳一から藤田ミラノ、仲世朝子に至るような少女文化の系
譜。各バッグに張り込まれた複数の色板が見せるカラーは、少女な
のにプリティではなく、どこか褪せたものがある。そしてエッジ
は、やはりクリアなのである。
 新井正博は、三人の中で最も美術のメインストリームに近い経歴
をもつ版画家である。しかしながらそのスタートは決して早いとは
言えまい。本格的に版画家の道に踏み出すのは、1992年に
ニューオリンズ大学の大学院を卒業した30代半ばのことであ
る。窓、本や花、果実などの静物、窓から覗く風景、差し込む光な
どを描いたその作品は、まさに時間がとまったような静謐そのもの
の世界である。光のエッジは、やはりクリアになるように細く濃や
かに仕組まれている。しかしながら、そこにある色合いは、色合い
そのものが時間の流れをもっているかのようだ。それはただの一色
であっても、「うつりかわり」というものを内包したカラーなのである。
 「カラー」という言葉は、色彩という意味の他に、明暗や水彩絵
具、人種や、外見や性格までを含むかなり広くて深い言葉である。
三人はそれぞれのカラーを保ちながら、それぞれの色とりどりの表
現やものづくりの海を泳いで行くのであろう。その三者三様の泳ぎ
方を、海辺のカフェで眺め見るように来場者に楽しんでもらえれ
ば、この展覧会は大成功といえるのではあるまいか。
(北海道立近代美術館主任学芸員/NPO法人S-AIR理事)

 とても良い感じの紹介文である。ハートがドキドキして来たよ。
これで来訪者が沢山来て作品が売れたら嬉しいね。

↓日記読んだらクリックしてね。明日も書くぞと言う気になれます。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

A three men's art exhibition in Japan has started. One of the artists Marrrr-san reported the show detail.
[PR]

by shinia62 | 2010-04-10 10:51 | シニアの時間 | Comments(8)
Commented by ノエル at 2010-04-10 12:49 x
>彩は混じり合わず、ミックスサラダのようにそれぞれが
それぞれのカラーを主張しながら、瑞々しく調和がとれている。

名文ですね~。
osamuさんの絵も、他の方の作品も見たくなってしまいます!!
Commented by ami蔵 at 2010-04-10 17:59 x
こんにちは。またまた久しぶりにおじゃま致しました。
その後、快復されていらっしゃるようでほっと致しました。

タイトル、戻されましたか・・・?
私がパソコンを変えて、ブックマークをし直したりしているのでそのせいでしょうか。

それから、shinia62さん、北海道のご出身なのですね!!私も北海道出身です。なんだかうれしくなってしまいました!
今回一時帰国していたので、作品展に行けるかも!!と拡大して見てみたのですが、残念。群馬はさすがに行けませんでした・・・。
Commented by shinia62 at 2010-04-10 23:54
ノエルさん
やはりプロは違いますね。紹介文を読んでから自分の作品を見直してみました。(笑)
Commented by shinia62 at 2010-04-11 02:23
ami蔵さん
タイトル戻しました。新しいタイトルしたとたん今回の事故そして肺炎。どうも縁起の悪いタイトルの様な気がしてきました。(笑)同時にもとのタイトルに愛着が倍増しましたので、昔の名前で出ています、、、♪ 従ってami蔵さんのコンピューターには問題ございません。●私は北海道出身です。>今回一時帰国していたので、と言う事はami蔵さんも外国生活ですか?
Commented by ami蔵 at 2010-04-11 09:06 x
はい。
主人の仕事の関係で一時的にバークレー住まいです。残りあと半年なので、すぐに札幌へ帰りますが・・・
ノエルさんとの北海道旅行の際にはご案内できると思います(笑)。
Commented by shinia62 at 2010-04-11 09:37
ami蔵さん
バークレーですか。日本は札幌なんですね。私の故郷は蘭越と言う小さな町、ニセコの近くです。でもこちらへ来るまではサッポロに住んでいました。
Commented by くまえもん at 2010-04-30 20:49 x
あぁ〜っ、見そびれました。
ここ数ヶ月、〆切に追われていて、このブログを読んでいませんでした。
残念!
Commented by shinia62 at 2010-04-30 23:16
くまえもんさん
今回はとても良い経験をさせて頂きました。又こんなチャンスが有ったらやりたいですね。今度は故郷の北海道かな。


<< 蘇る魚缶詰      迷いが切れて >>