2010年 03月 31日

長い道のり

c0053177_13323886.jpg


 本当に回復しているのか私。
考えて見ると高熱で倒れたあの日から10日目であるから
まだまだ回復の道は遠いんですね。
日記を書きながらカレンダーを見たら納得。
肺炎は最初2週間の回復期間が重要らしい。
私はまだ安静状態に居る訳なのだ。
以前のようにすっきり爽やかと行く筈が無い。

 一方、回りの人達の親切に感謝の日々を過ごしている。
退院時には何処からとも無くN氏(日本人)が現れて
どうして家へ帰ろうかと言う心配が無くなった。
家へ帰ったら水彩画クラス生徒達の親切が待ってたし。

 人は1人では生きられないとは良く言われる事だけれど、
それを身をもって体験したこの入院経験で有った。

↓日記読んだらクリックしてね。明日も書くぞと言う気になれます。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]

by shinia62 | 2010-03-31 13:39 | シニアの時間 | Comments(2)
Commented by at 2010-04-01 10:05 x
病気になると、寂しさを感じますよね。
親切な知人が周りにいて羨ましい。
私より恵まれているかも。
Commented by shinia62 at 2010-04-01 11:40
魚さん
寂しいと言うより車は無いし動きが取れません。こんな時は他人の手助けが本当にありがたいです。


<< 回復の兆し      新鮮な風を >>