ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ
2010年 03月 05日

驚怖の初体験

c0053177_1334623.jpg


 私はそのコンピューターに接続された
得体の知れないマシーンの前で呆然と立ちすくんでいた。
一体どうすりゃ良いんだよ。
落ち着いて使い方の説明を読めば解るのだろうが、
気の弱い私はコンピューターを見ただけでパニック状態。
係の人に聞くしかない。

I was standing front of a monstrous machine and I didn't know what to do.

 カウンターでキーを叩いている女性に恐る恐る話し掛ける。
「あの〜、これの使い方が解らないんですけど」
「はい、ちょっと待ってね。直ぐ教えて上げますから」
カウンターから出て来た彼女がコンピューターをオンにする。
「はい、クレジットカードをここにスライドして」
言われた通りカードを出してそこへスライド。
その後は彼女があちらをクリック,こちらをクリック。
「後はスタートのボタンを押せば良いんですよ」

 彼女が行った後スタートのボタンを押したけれど
何も起こらない。
またまたパニックであちこちのボタンを押しまくる。
やはりだめだ。
もう一度訊きになんて行けないし。

 落ち着け自分。
マシーンには必ず解り易い説明が書かれているものだ。
落ち着いてしっかり目を開けろ。
あった!使い方。
1、カードをここにスライドしなさい。
2、その後はモニターの指示に従いましょう。
その通りやって見る。
落ち着いて見るとモニターに次の指示がちゃんと出る。
パニックの時は見えてなかった。

 彼女がしたようにあちらをクリックこちらをクリック
スタートボタンを押したら、あら不思議マシーンが動いた。
恐竜みたいな巨大なそれの尻の辺りから
カラープリントが飛び出した。

 何の事かと思ったでしょう。
なにね、オフイスデポーで
初めてのセルフサービスカラープリントを作ったのである。
私は初めての経験にとても恐怖を感じるので
今までそう成る事を避けていた。
しかし、今回はどうしてもカラーコピーが必要に成った。
日本の作品展の為にプロファイルやら他の情報を
一冊のバインダーにまとめているのだ。
それを効果的に作るにはカラーでなくてはだめ。
絵描きのプロファイルだからね。

 今日は私の恐怖症を一つ克服した日に成った。

↓日記読んだらクリックしてね。明日も書くぞと言う気になれます。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]

by shinia62 | 2010-03-05 13:10 | シニアの時間 | Comments(2)
Commented by genova1991 at 2010-03-05 14:15
あはは(o^∀^o)
何事かと思いました。うまくいって良かったですね。次からはラクラクへっちゃら~ですね!

でもさすがアメリカ!プリントマシンでもクレジットカードなのですね。
日本はまだ要小銭かな。
Commented by shinia62 at 2010-03-05 23:23
genovaさん
私は古い人間なので,小銭の方が好きです。プリントマシーンを嫌っていたのはカードを使うのが嫌だったって事もありました。


<< あったかくて幸せ      ウッヒヒヒヒ >>