2010年 02月 28日

ミルク

c0053177_8374582.jpg


 雨の晴れ間を見て買い物に行った。
散歩を兼ねて近くのマーケットまで歩く。
歩き易いようにとバックパックを担いで行った。
何時もの買い物はラルフスと決めている。
緊急の場合近くのドラッグストアかマーケット。

 このマーケットはメキシコ系でメキシカンフードが沢山ある。
緊急で必要なのはスキムミルク。
ビタミンDが必要だけれど
普通のミルクはコレステロールが心配だ。
その結果このミルクに成った。
これでもミルクを飲んでいる気分には成れる。

 話しはあらぬ方向へ、
昔々、メキシコ旅行へ行った時の事だった。
2週間の予定でメキシコ市の安ホテルに滞在した。
一泊がアメリカンドルで1ドルだった。
貧乏旅行者には強い見方のホテルだった。

 旅行に出る前、メキシコ通の先輩が
「メキシコでは生水、ミルクは飲むな」と忠告してくれた。
水の代わりに瓶入りの飲み物を飲むのだそうだ。
その忠告をちゃんと守った筈なのに、
後半1週間はもの凄い下痢に襲われた。

 それでも若かったのですなあ。
尻を押さえながらあちこち観光していたのだ。
有る日、街を歩いていたら行きなり催してきた。
こればかりは待った無しなのでトイレを素早く見つけるか
ズボンの中に漏らすしかない。

 辺りを見回すとバーかクラブの様な場所が有る。
幸運にも昼間から営業している様だった。
余計な事を考えている暇はない、ドアを蹴って猛然と駆け込む。
何人か居た客が一斉にこちらを振り向く。
スペイン語で「ああ、漏れそう」はどう言うのか。
そんなの解る筈が無い。英語か日本語だ。
「便所,トイレ、レストルーム、はばかり、下痢、ウン●」
単語を叫ぶ。
そして奇跡が起きた。
そこの従業員かオーナーかこの際どうでも良い。
私の切れ切れの言葉を理解してくれたのだ。
親切にトイレを使わせてくれた。
私の安堵のため息がトイレのドアから
メキシコ中に響き渡った一瞬である。

 あの時私の意思があんなにスムーズに通じたのは
神様の思し召しかしらと後で考えた。
それとも私の様な下痢の観光客が店に飛び込むケースが
他にも沢山あるのだろうか。
思えばその店は観光客が多そうな美術館の直ぐ側であった。
実は私もそこへ行く途中だったのだ。

 マーケットのミルク売り場の前で
ふと昔へタイムトリップした次第。

↓日記読んだらブログ人気ランキングボタンをポチット押してね。その気に成って書きまくります。

[PR]

by shinia62 | 2010-02-28 08:40 | シニアの時間 | Comments(2)
Commented by kkagayaki at 2010-02-28 10:51
外国で同じような状況になったら、私ならどうするだろうと
ぞーっとしました。良かったですね。ミルク、余り飲んでいません。身体に悪いですよね。
アメリカン・アイドルこちらでは、デンバーのオーディションが今日です。笑ってしまいますよね。
Commented by shinia62 at 2010-02-28 13:22
kkagayakiさん
日本のアメリカンアイドル結構遅れてますね。こちらは視聴者による投票で24人から先週4人落とされました。来週は20人で競います。ミルクって余り身体に良いものではないのですね。最近焼けにミルクが飲みたくて飲んでます。身体が欲しているのなら必要なのかも。


<< 小東京で思う事      沈没船 >>