2010年 02月 17日

Palm Springs

c0053177_1322889.jpg


 (前の日記から続く)

 その午後、私は水彩画作品制作に忙しくしていた。
展示会用の作品数は既に描き上げたけれど、
最高の物を揃えたいので期日まで出来るだけの作品を描き上げ
気に入った作品上位12点を選ぶ計算なのだ。

 N氏から電話が来たのはそんな時だった。
電話に出ると行き成り
「パームスプリングスへ行きたい?」と訊く。
特に行きたいとも思わない。
黙っていると彼は続けた。
「実はね、パームスプリングスの知人が旅行中、
家の留守番を頼まれたんだ」
「・・・・・・・・・」と私。
「2週間なんだけど、その間に遊びに来ないか。
宿泊料無料でパームスプリングスの週末を楽しめるよ」
宿泊料無料に心が惹かれた。
考えて見るとこの週末は「プレジデントデー」で祝日である。
水彩画クラスに支障が無いよう日、月、火と行けば良い。
話しは決まった。

 その日曜日、朝食会で小東京へ出掛けた。
パーススプリングスは午後から出発の予定だ。
100マイル余りのドライブだから2時間半は掛かる。
午後遅く涼しく成った頃向こうへ着く計算だ。
小東京から帰ると大きなバックに宿泊用具を詰め込む。
下着の替えは持って行くけれど他は着た切り雀。
滞在時間2日間弱と言うところだからそれで充分。
昼食後短い昼寝時間を取り午後2時に家を出た。
付き合いの積もりで承知したドライブだが、
ここまで来ると結構心がわくわくする。

(明日へ続く)

↓日記読んだらクリックしてね。明日も書くぞと言う気になれます。


That afternoon, I was busy painting.
I had painted enough watercolors for the exhibition.
However, my plan was paint as much as I could
and choose the top twelve paintings for the show.

The middle of that busy time, Noel called and said
"Do you want to go to Palm Springs?"
I didn't really care about it, so I hesitated to gave him an answer immediately.
He continued "I am going to a house sitting for my friend in Palm Springs,
so if you want to come to Palm Springs during that time,
you can stay at the house for free."

Yes, the ward "Free" caught my heart.
Incidentally, this is the president day holiday weekend.
Why not, I could take a little vacation.
If I didn't interfere my watercolor class, It's OK.
So, I decided to go there on Sunday, Monday and Tuesday.

On Sunday, I went to a breakfast meeting with my friends,
I started the trip to Palm Springs in the afternoon.
It would take about two and half hours to get there.
So, I will be there at the late afternoon.
Even though, I felt not really excited about this for the beginning,
But now, I started feel an excitement after all.

(to be continued.)
[PR]

by shinia62 | 2010-02-17 23:52 | シニアの時間 | Comments(0)


<< パームスプリングスの週末      Warning >>