2010年 01月 22日

Movie

c0053177_1204356.jpg



 朝一番、歯科医へ行った。こんな嵐の中、なんで。そして高価な治療費ふんだくられてさ。来週の予約だった私のスケジュールを早めたのは、嵐でキャンセルした患者の埋め合わせか。などとネガティブ思考にコントロールされた私。次いでに言うけれど歯医者の奴今月は仕事がないので、この歯もあの歯も治療が必要などと大人しい私を鴨にしているのじゃないのか。まあ、そんな訳で今朝は寝起きの悪い私であった。

The first thing in the morning, I went to my dentist. I didn't know why I had to do this on the stormy day like this. What more, I had to pay an expensive bill. My original appointment was next week. May be a clever patient changed his or her mind not come to dentist day like this so my dentist put me in the canceled space instead. I was thinking very negatively this morning. I must have got up from the wrong side of the bed.

 歯の掃除が終るや否や、トーレンスへまっしぐら。昼食の時間を取れないので、小東京で買った寿司折りを車の中で頂く。事前に予想していた事だから熱いお茶を車に用意していた。Good job! 売れっ子の画家は分刻みのスケジュール、と言いたいところだが、トーレンス行きは映画を見るため。

 しつこい程、良い評判を聞くので見る事にした映画「AVATAR」。ファンターシー系映画は結構好きだ。しかしながら私には少々心配事が。このタイトルをどう言うのか自信が無い。発音ではなくイントネーションの事だ。何処に抑揚を付けるかで全く別な単語に聞こえるのが英語の怖いところ。短い単語に成るほど抑揚の重要さはます。辞書で調べるんだったな。アバターかアバータかそれともアーバタだろうか。口の中でモゴモゴ言ってみる。そうこうしているうちに私の前に居た男が「アバター」と言って財布を開く。そうかアバターのアを強くするのか。ムフフフフ、、。そのアもアメリカ英語独特のあの強いアだ。エアバターって感じだな。私の番が来て「エアバター枚、シニアね」ときっぱり言う。そしたらウインドウ内のアジア系男が「Which one?」。途端に冷や汗。通じなかった? しかし私は偉かった。聞き返す前に事の事情に気が付いた。此の映画館はスクリーンが沢山あって、同じ映画を30分の時間違いでどんどん上映している。「どっち?」の意味は「何時に始まるエアバター?」なのだった。「11時のをお願いします」そお言うと私はほっと胸を何故下ろす。

Even though, I have heard about the movie "AVATAR"a lot, I didn't pay attention. However, when one of my friends called me and said "That was great movie," I felt that I have to see it.
The story was simple, such as good guys kill bad guys and happy end. In my case, I enjoyed it very much visually. It was the big I MAX screen with 3D and a thunder like sound effect. Especially, I enjoyed the scene created by the conceptual art.

 アイマックススクリーンの迫力は凄かった。地鳴りの様な音響が館内を揺する。しかも3D。これ以上のトリックは考えられない。創造された不思議の世界はとても美しい。話しの内容より視覚で楽しむ私であった。一応アーティストだしね。これだけいろんな技術を詰め込んだ映画は今まで有ったかなあ。ここまでやったらどんな映画でも見ているだけで夢心地になれる。正に「アバターもえくぼだ」。ごめん、可成り外れているけれど、このおじさんギャグを使いたくて日記を書かせて頂いたので。

↓日記読んだらクリックしてね。明日も書くぞと言う気になれます。

[PR]

by shinia62 | 2010-01-22 12:06 | シニアの時間 | Comments(12)
Commented by わこ at 2010-01-22 16:19 x
ハハハハ。もう…大笑い。
「AVATAR」は日本でも評判いいですよ。
Commented by seqtaxus08 at 2010-01-22 17:22
おじゃまします。私も見た映画なのでつい参入しました。絵画以外の話題ですが。。
「AVATAR」私も堪能しました。映像ショー的な部分でもなかなか良かったです。
あと、ちょっと西部劇とか、下世話ですが湾岸戦争なんかも連想しました。
…違う価値観を持った人たちに対しての…侵略戦争…§
Commented by Asahina at 2010-01-22 17:36 x
SAM-San, 人気ブログランキングをクリックしたら我が駄文が消えてしまいました。 昨今、我が家近辺で多いのは、DentistとBeauty Salonですね! 一番流行っているDentistは10年来の付き合いですが、どうもDentistの儲け主義には恐れ入ります。85歳位の老婆に、「おばあちゃん、これを入れると一生モノなんですがねー!」と、1本40万円前後のインプラントを勧める。「一生モノで、明日死ぬかもしれないお年寄りに!」、私はいつも、長い付き合いながら、「院長、私は貧乏作家。健康保険以内でヨロシク!長く持たなくて結構!」と・・・。
Meanwhile, 英字紙には映画を「Film」、「Picture」、「Movie」と3種の書き方がありますね。日本人はMovie、US系は「Film」を使うようですが、使い分けがあるのですか!?
Movie Stardustへのご質問。何か、Motor TownのChicagoが自動車産業総崩れで、HollywoodがChicagoで誘致しているそうな!?
Commented by at 2010-01-22 22:48 x
映画をめったに観ない私も重い腰を上げて行きました。
でも到着したら既に3Dは満杯、さらに次の上映も満杯。
なのでNot3Dを選んでしまいました。
後ろに座った小さな子供連れの家族の可愛い会話に
「あちゃ〜、ハズレ席だ」(泣
上映時間は長かったのですが、それが苦にならなかったけど
心の中で「なんじゃそりゃ」と突っ込みどころ満載でしたね。
Commented by shinia62 at 2010-01-23 03:29
わこさん
大スクリーンで暫し夢の世界でございました。
Commented by shinia62 at 2010-01-23 03:36
seqtaxus08 さん
ストーリーは善悪のキャラがはっきりしていて頭を使わなくても良い娯楽映画ですね。私は視覚的に凄く楽しめました。空想の世界を画面としてみるのだが大好きな私です。
Commented by shinia62 at 2010-01-23 03:48
Asahinaさん
ひょんな切っ掛けで始めた人気ブログランキングですが、意外な良い効果をもたらしております。まず、ブログを書くエネルギーがぐんと増しました。小さな事のようですが私としては大変嬉しい事実です。●英語で映画の事をどう言うかに付いては、アメリカではMovieが一般的でしょう。親しい間でpictureと言うのも多いです。Filmは映画通とか業界人が好んで使う表現ですね。イギリス英語だとCinema. そうそう、Motion Picture てのはどうでしょう。日本語訳では活動写真?
Commented by shinia62 at 2010-01-23 03:51
魚さん
友達が見て来て「良いぞ」と言うまで興味は薄かったのです。あちこちで良いとの評判は聞いていましたけれどね。それぞれ楽しみ方が違うと思いますが、私はビジュアルな部分を堪能しました。空想の世界大好き人間です。
Commented by Ladyinjp at 2010-01-23 22:51 x
AVATERごらんになったんですね。
ブログ友達も何人かご覧になっていて、皆さん口を揃えてよかったとおっしゃってます。
珍しく主人もこの映画を見に行こうかと行ってるんですよ。
ちょっと楽しみ!
Commented by はやかわ at 2010-01-23 23:35 x
AVATAR最高でした。これまでで最高得点をあげました。とてもわかりやすくて悪いヤツラを正義の味方がやっつけるって感じでしたね。3Dの効果もビックリしました。生きてて良かった(笑)
Commented by shinia62 at 2010-01-23 23:36
Ladyinjpさん
私は視覚的な豪華さを楽しみました。ファンタシー映画の想像の世界が好きな私です。
Commented by shinia62 at 2010-01-24 03:19
はやかわさん
私はI MAXシアターの大画面で見たので凄い迫力でした。映画の前の予告編全部が3D特集でそれも楽しみました。3Dの技術も進んでもう目の前にキャラクターが迫って来て身を引いたりします。(笑)


<< Reading      あめあめふれふれ母さんが〜♪ >>