ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ
2009年 08月 04日

Pan

c0053177_5495533.jpg


 先日買った鍋(?)はとっても使いやすい。
正確には何と呼ぶのか解らないけれど、
言葉で説明するなら、
普通のポットとフライパンの中間的ポットまたはフライパン。
底の深いフライパンまたは平たいポット。
ああ、説明するのがややこしい。


c0053177_5562392.jpg


 これで野菜炒めもチャーハンも作れるし
野菜炒めもこれで作る。
表面がフライパン加工だからその気に成れば卵焼きも作れそう。
ちょっと無理か。そこが丸過ぎる。
とにかく最近はこの鍋ばかりを使っている。

 この鍋は日本食マーケットで見つけた。
ひょっとするとこの鍋を知らないのは私だけで
ブログで騒ぐ事でないのかもしれないが、
嬉しかったのでまずは報告まで。

 次にマーケットに行くときはもう2つ買おうと思う。
[PR]

by shinia62 | 2009-08-04 06:06 | シニアの時間 | Comments(6)
Commented by Ladyinjp at 2009-08-04 09:42 x
同じものをあと二つ買われるんですか。
よほど気に入ったんですね。
お料理熱が高まっていらっしゃるのかしら…。
Commented by shinia62 at 2009-08-04 12:58
Ladyinjpさん
好きなものを見つけると買い占めたくなるですよね。でも3つ有っても無駄にはならぬ。あのフライパンの表面は使っているうち剥げてくるので、普通のポットより寿命が短いですからね。
Commented by genova1991 at 2009-08-04 16:17
ポットという字を見るとティーポットの形をイメージしてしまいますが、
鍋のことなのでしょうか?
気に入った鍋パン(笑)が見つかって良かったですね^^
テフロン加工した中華鍋みたいな形ですね~♪
表面加工はプラチナ辺りですと、かなり長持ちするようですよ。
Commented by genova1991 at 2009-08-04 16:18
そうそう、蒸籠をのせると蒸し物もできそうですね。
まるっきり中華鍋になってしまいますが、、wwww
Commented by shinia62 at 2009-08-04 21:36
genovaさん
ポットは鍋のつもりです。この形は中華鍋になるのかな。名称がはっきりしない鍋でした。テフロン加工って言うんですよねこれ、日記書いている時点でその言葉が出てこなかった。歳だねえ。この鍋は安かったのでテフロン加工がすぐ剥げちゃうのかもしれません。だから買い溜める?そうかプラチナ加工ってのも有るんですね。値段が凄く高いのがあってなんだろうと思ったけれど、アレがプラチナ加工だったのかも。勉強になりました。
Commented by shinia62 at 2009-08-04 21:39
genovaさん
天婦羅も揚げられそうです。揚げた事ないけど。私の人生で一度くらいしか有りません天婦羅揚げたの。


<< 読書の秋、、ちょっと早過ぎ?      早くも、、、 >>