ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ
2009年 07月 19日

青空の下で

c0053177_625635.jpg


 朝起きたら訳の解らない不安な気持ちに駆られる。
この気持はなんだろう?
一日中これじゃあやり切れない。
家で不安がっているよりさんさんと輝く太陽の下で汗を流そう。
どこへ行こうか。
以前から考えていた水彩画題材の取材をしよう。

 行き先はサウスベイ・ボタニカルガーデン。
家に割と近いし便利だ。
開園時間を調べたら朝9時からやっている。
時計を見ると9時少し前。
着ている物を取り替えもせず、財布と小銭をポケットに押し込む。
入れたばかりのお茶を放ったままで外へ出た。
車の中で顎に触ったら、髭を剃るのを忘れていた。
良いのだこれで、自然の中を歩くのだから自然に行こう。
これだけで気持がぐんと軽くなる。
デジカメのセッテングを写真枚数本位に設定して
バンバン撮りまくってやるぞ。

 「シニア一枚」そう言って入場切符を買う。
歳を取るだけでちょっとVIP気分に成れるのが嬉しい。
こればかりはスキルも何も要らない。
単に歳を取れば良い。

 ガーデンは入り口付近がいつも忙しい。
その辺りが遊ぶ場所があり、
花々も一番豪華な場所なのだから当然なのだ。
そこでバンバン撮影して、それから奥へ移動。
だんだん人影が少なくなって、直ぐに私だけになる。
時々作業員を見掛けるだけで静かだ。
以前はあまり見なかったカラスが多い。
カーア、カーアと煩い事。静に歩き回りたいのに。まったくう。

 何の花なのか甘い香りが漂う。
池の回りを歩くと岩の上で日向ぼっこの亀達が
一斉にドボン、ドボンと池に飛び込む。
殆どは20センチ程だが、中には結構大きいのも居る。
池の反対側へ回ると、岸辺の木陰で鴨達が寛いでいる。
茶色の雌ばかりで絵に成りそうもない。
濁った池の水だから白いアヒルにして欲しい。
それならコントラストがきりっと出て感動するのに。

 ガーデンの一番奥を歩き回り、それから入り口付近に戻る。
小学生らしい一段が何組か先生らしい大人を囲んでいる。
子供の恐るべきエネルギーに付き合う先生も大変だ。
適度な雲を散りばめた南カリフォルニアの空、
素晴らしい外出日和であった。
帰り道で頂いた昼食は、いくら御飯とラーメンセット。
美味い!! 

 今朝の不安な気持は吹っ飛んで欠片もない。
あれは何だったのか。
[PR]

by shinia62 | 2009-07-19 06:04 | シニアの時間 | Comments(2)
Commented by Ladyinjp at 2009-07-21 22:54 x
お花や緑の木々に囲まれていると、気持ちも自然と落ち着いてくるんでしょうか。
いい気分転換になってよかったですね。
絵の題材になるような写真、たくさん撮れましたか?
Commented by shinia62 at 2009-07-21 22:58
ladyinjpさん
自然は良いです。たとえそれが公園の様に管理された場所でも緑の中で寛げます。写真もいつになくバンバン撮りました。


<< やった、、、!!!      おやつ >>