ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ
2009年 05月 16日

考える事

c0053177_23524923.jpg


 絵描きをやっていると自分の世界に籠る事が多い。
他人との接触がないから気楽ではある。
しかし、その結果社交性の部分が未熟になる。
良い言葉で言わせてもらえば子供の純朴さを身体の何処かに残っている。
言葉で純朴とか純粋とか書くと奇麗な響きだが、
時にはこれが他人を傷つける。

 小さな子供は時に残酷なことを言う。
「ねえおじさんの顔はどうしてそんなに変なの」とか。
子供は純粋で心からものを言うから、なおさらグザッとくる。
良識ある大人なら苦笑いするしかない。

 しかしその心を大人が持っと問題が多い。
芸術家は変人だから、とか言われるうちは良い。
それにも限界があるのだ。
無意識に誰かを傷つけていると言うのは始末が悪い。
相手に言われる迄気が付かないし。
それが度重なって身動きが取れない状態に成るかも知れない。

 「口は災わいの元」この格言が心に沁みる今日この頃である。

 
[PR]

by shinia62 | 2009-05-16 00:21 | シニアの時間 | Comments(2)
Commented by Marrrsan at 2009-05-16 09:37
何かあったのですか?

サムさんは看板屋をやっていたわけだし、
人付き合いはなれているのでは。
芸術家だから人付き合いが下手ではなく、
性格の問題だと思います。
無意識のうちに人を傷つけてしまうのは
誰にでもあります。傷かないだけで気づいたサムさんは
繊細ですね。(もしそういったことがあったのなら)
Commented by shinia62 at 2009-05-16 11:42
ま〜さん
死ぬ程悩んでいます。でもまだやりたい事があるので死ぬ訳には行きませんが。


<< メキシコポールは今。      あれ?どうして? >>