ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ
2009年 05月 05日

水彩画クラス

c0053177_98268.jpg


c0053177_9114169.jpg


 ハンティントン・ライブラリーの睡蓮池で見掛けた掃除人。とっ
さにこれは絵に成るとカメラに収めた。良い作品は題材と心を通わ
せることで完成する。従ってこれを描きたいと強く思える題材は、
その思いだけで50%良い作品に近付いているのである。日の高い
昼間の風景は光に変化がなく退屈だ。そんな題材を良い作品に仕上
げるには一工夫必要になる。

 この掃除夫の写真は題材として面白いのだが、光の具合が退屈だ。
これを面白い作品に仕上げるにはどうするか。まずこのシーンで一
番見せたいところは何かを考える。掃除夫だ。それでは観客の目を
そこへ運ぶにはどうすれば良いのか。答えは簡単見せたい部分にス
ポットライトを当てれば良い。

 美術館で昔の名作を見ていると気が付くことが有る。全体に暗い
色彩の風景画なのに、その中に描かれた人物の周りだけがスポット
ライトを当てた様に明るくなっている。自然の風景でそれはおかし
い。しかし、鑑賞者の目はまずその部分に引きつけられる。人物に
限らず最初に見せたい部分にスポットを当てればそこに目が行く訳
だ。これは極端な例ではあるが、光を上手く使う一つの技術と言え
る。しかしながら、それがあからさまでは行けない。気付かれずに
このトリックをやるのがプロなのだ。

 それでは私の作品の一番のポイント掃除夫にスポットが当たって
いるだろうか。構図的には掃除夫の位置が左下の角に押しやられた
感じである。しかし絵を見た時に目が行くのは掃除夫だ。

 元に成った写真と並べると良く解るが、平坦な光の写真に比べ水
彩画の掃除夫には明らかにスポットが当たっている。同時に周りの
風景を押さえる事も重要だ。

 今回は光の使い方について考えてみた。水彩画は毎日描く、沢山
描く、これが上達の秘訣。そうすることで絵を描く時に必要な要素
がどんどん見えて来る。

 水彩画クラスのニュースレターを始めた。今月が第5号。水彩画
関係の話題を書いて生徒に配る。今日ようやく書き終えた。毎月最
初のクラスで配るので月末は忙しくなる。今日の日記は書くことも
ないので、ニュースレターから頂いた。
[PR]

by shinia62 | 2009-05-05 09:25 | シニアの時間 | Comments(10)
Commented by kkagayaki at 2009-05-05 12:00
最近絵を描きたいと思っているので非常に参考になりました。描きたいと思うだけで50%ですか。今まで描いてないのはまだそこまで達してないのかもしれないですね。
Commented by kimiko at 2009-05-05 12:13 x
水の深い色調との対比なのですね。
とっても勉強になります。
気がついている事でも 言葉になって始めて整理できるんですね。
ありがとうございます。
Commented by kimiko at 2009-05-05 12:29 x
忘れました。
光の横には影がある、私の先生の言葉ですが
帽子と奥の影の対比のことでもあるんですね。

さむさんは 本当にロマンティックな方なのですね。
写真と絵をつき合わせてくださって感謝しています。
Commented by shinia62 at 2009-05-05 12:37
kkagayakiさん
描きたいと思う気持が題材に向けて湧き上がると言うことですね。庭の花を見て描いてみたいと強く思う、そんな気持のことです。
Commented by shinia62 at 2009-05-05 12:39
kimikoさん
絵を教える様になって言葉で考える様になりましたが、文で説明するのは難しいものですね。
Commented by shinia62 at 2009-05-05 12:43
kimikoさん
光を描くと言うことは影を描くこと。絵は言葉ではありませんから沢山描いて身体で感じるのが良いですね。
Commented by わこ at 2009-05-05 14:40 x
さむさんは第一級の水彩画法書が書ける方だと思います。
このおじさん、写真よりもずっと魅力的なfat manになっているのもおもしろいですね。
Commented by shinia62 at 2009-05-05 21:37
わこさん
技法書を書くのは難しい。興味が持てないしね。画集ぐらいなら作ってみたいですが。
Commented by sawa at 2009-05-07 09:30 x
絵を見て、なんて明る日差しっ!と思いました。そして、写真も見せていただきまして、とってもビックリしました。この写真がこういう絵になるんですねーっ!目からウロコです。絵って、やっぱり、とっても素敵!
なるほど~~~・・・* この頃とってもスランプだったんですが。
「水彩画は毎日描く、沢山描く、これが上達の秘訣。そうすることで絵を描く時に必要な要素がどんどん見えて来る。」・・部屋にはっておきたいです^^ノ! さむさんのブログ、いつも元気とエネルギーをくださいます!
Commented by shinia62 at 2009-05-07 11:16
sawaさん
はい、これからも元気をあげれるよう頑張ります。写真と並べて見ると良く解る光の違い。


<< Blog      文化人の気分 >>