ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ
2009年 04月 18日

アンテナ

c0053177_11151048.jpg


 トウダイレストランのあるウエストミンスターショッピングセン
ターの一角に、デスカウントストアー「Best Buy」を見つけた。良
いタイミングだ。HDテレビ用のアンテナを探していたのである。家
の近くの店ではいつも在庫が無い。私が欲しいのは魚の骨をプレス
して平らに成ったのを巨大にした、つまり言葉では説明しにくいデ
ザインのアンテナが本体から突き出ているやつだ。これが一番高感
度らしい。値段も高感度でビビるけれど、一度買えば永久に使える。
と思う。

 新しいテレビを買ってからアンテナの感度が悪くて参っていた。
チャンネルを変える度、室内アンテナをあちこち動かさなくては成
らない。それで映れば良いけれど全く駄目な事もある。画面がモザ
イクに成ったり静止したり。カラフルなモザイクやもやもや模様も
それなりに芸術的だけれど、これは芸術作品のモニターではない、
テレビの役目を果たしてもらわなくては困る。

 家へ帰ると直ぐ新しいアンテナを取り付けた。その効果は抜群で
ばっちり奇麗な映像である。テレビの横に置いとくだけで動かす必
要も無い。デザインが魚の骨だなどと馬鹿には出来ないなあ。
[PR]

by shinia62 | 2009-04-18 11:15 | シニアの時間 | Comments(4)
Commented by Marrrsan at 2009-04-19 00:25
やはり、それ専用のアンテナだとかなり感度がいいのですね。
私のアメリカのアンテナはアナログのものをデジタルでも使っているので、やはりチャンネルによって障害が起きます。専門のものかうべきかな~。
Commented by Shigeru at 2009-04-19 05:42 x
東京都写真美術館で11日から公開になっている『東洋宮武の覗いた時代』(American Title"TOYO'S CAMERA")もきのう観てきました。上映後、すずきじゅんいち監督と親子2代にわたって東洋宮武の弟子だった植村栄一さん、そしてSURPRISE GUESTとして東洋宮武のお孫さんのGARY MIYATAKEさんのTAKL SHOWもあり、その後で3人とも直接お話しました。このDOCUMENTARY MOVIEを観ていて、ずっと涙が流れました。DVDでも出ていますが、4月のJAPAN FILM FESTIVALでLOS ANGELSでも上映がありあます。是非ご覧になってみてください。
Official website
Director: Junichi Suzuki
Narrator: George Takei
Release date: March 6, 2009
Genre: Documentary
Running time: 98 min.
Screening schedule
April 26th (Sun) 10:00am @ Starplex Cinema (in Irvine)
Commented by shinia62 at 2009-04-19 11:29
ま〜さん
新しいテレビに付いている室内アンテナは感度が弱過ぎですね。ロケーションの違いも有ると思うので皆が駄目だと言う事ではないですが、映りに問題が有るのなら良いものを買った方が良いでしょうね。私のテレビは殆ど問題が無く成りました。
Commented by shinia62 at 2009-04-19 11:32
Shigeruさん
情報ありがとうございます。少し前にリトル東京のシアターで上映されていましたが、その時はあまり興味が有りませんでした。26日はオレンジカウンティーで少々遠いですが、一応行くつもりでマークしました。


<< 小鳥      遠出の昼食 >>