ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ
2009年 04月 15日

絵を描く一時

c0053177_0255126.jpg


 久し振りに絵に集中出来た。
朝からアート・グループ展への出品作を描いたのだ。
まだ時間が有ると思っていたけれど、
気が付けば来週が搬入日である。
毎日が忙しいのは楽しいけれど、
落着いて絵を描く気持に成れないのが辛い。
時間は有るけれど描く気持ちに成れないのが絵描きの我がままなところ。
もう後が無い!そんな状態に成る迄手がつけられなかったりする。
つまり追い込まれたら描けるってことは
やっぱり我がままなのかねえ。

 大評判でアカデミー賞作品賞と輝かしい記録を残す作品
「スラムドッグ・ミリオネア」のDVDが出たので早速見た。
タイトルやあらすじを聞いた限りでは自分が好む映画とも思えないのだが、
数々の賞賛の言葉を無視出来ず楽しみにしていたのである。
観賞後の私の感想は、自分の選択で見る事は無い映画だと思った。
軽く楽しめる作品そんなところだろうか。

 私は映画に詳しいシニアでもなく
映画は自分が好きか嫌いかで良さが決まる。
脚本が素晴らしい、監督が良い、編集が抜群だ、
などの技術的芸術的内容には全く関係が無い。
本当に簡単明瞭な好き嫌い映画評論なのだ。
そんな訳で「時間が有ったら見てみたら」が
私のお勧め度。

 このDVDを借りた時メリル・ストリープの「Doubt」もあった。
残念ながら出払っていたので次の機会に借りようと思う。
この作品は外れる事はないだろうね。
[PR]

by shinia62 | 2009-04-15 01:05 | シニアの時間 | Comments(6)
Commented by Marrrsan at 2009-04-15 01:13
「スラムドッグ・・・」、私は日本に帰る飛行機の中で見ました。私もあまり好きな映画とは言えない作品で、最後まで見る気がしませんでした。
「ダウト」も飛行機の中で見ましたが、こちらは私は興味深く見られました。
Commented by shinia62 at 2009-04-15 03:16
ま〜さん
ダウトは見たい作品ですね。映画評論で作品を選んでも外れが多いので、最近は自分の感だけが頼りです。笑
Commented by わこ at 2009-04-15 10:00 x
映画館にたまに行くと、すごい音響でへきえきすることがあります。なんであんなに音でおどかすんだろうな。その点「おくりびと」はきれいな音楽で耳に心地よかったです。音楽賞とってもよかったのに。
Commented by kkagayaki at 2009-04-15 10:27
昔はアメリカ映画だから、アカデミー賞取ったからと
言う判断で見ていましたが、今は日本映画の方が
いいものはいいと思ってます。「おくりびと」は友人が
最初に見て「いい映画だった、絶対お勧め」と言われて、
そのうち賞を取ってしまって、未だに見てないのですが、
見ることにしました。
Commented by shinia62 at 2009-04-15 11:16
わこさん
映画館の音響は確かに大きいですよね。若者達は大音響で音楽を聞いたりしているので耳が遠いそうな。其の為に映画館の音響も大きいのでしょう。
Commented by shinia62 at 2009-04-15 11:19
kkagayakiさん
「おくりびと」は内容的に良さそうな映画ですね。私も見たいと思っています。


<< 惣菜は、、、      夕食会 >>