2009年 03月 07日

Cold-reading

c0053177_12462991.jpg


 大学生に成ったR氏の今期のクラスが終る。さすがに大学とも成
ると厳しいらしく、来月からはクラスを減らして楽しようなどと言
っている。ちょっと余裕が出た彼から台本読み練習の声が掛かった。
暫く振りだ。私は今期演技のクラスを取っていないから不安だった
のだ。職人仕事(絵描き、文書き、演技)は毎日訓練しないと腕が
鈍る。

 練習に使っている台本はフランス演劇からの作品。R氏のお勧め
だ。ぼくとしてはもう少し身近な題材が良いかなとも思う。そこに
出て来るキャラクターの名前がエステゴンとかヴォルディミアとか
で舌が回らない。いっその事ジャック・アンド・ベティーにして欲
しい。いや、文句は言うまい。男は黙って練習練習。

After a long break, R and I have practised cold-reading again.
R has been studying at the USC for last three months.
He couldn’t make time for our acting exercises.
His class will end next week and he has more time.
So, we can start it again.

We are using a script of stage play called “Waiting for Godot”
This is R’s choice. It’s a interesting play
but I don’t like character’s names
such as Estragon, Vladimir and Pozzo.
I like to have simple names like Jack and betty.
It’s easy to pronounce.

Oops! I'd better shut my mouth.
[PR]

by shinia62 | 2009-03-07 12:54 | シニアの時間 | Comments(6)
Commented by わこ at 2009-03-07 22:57 x
台本読みのことをcold readingというのですか。coldというのはあとどんなときに使うのかしら?
「ゴドーを待ちながら」って、ベケットの不条理劇ではありませんか。昔観たけど、なんだかよくわかりませんでした。
Commented by Marrrsan at 2009-03-07 23:47
英作文の組み立て方に、まずトピックセンテンスを文の始めに書き、続いて詳しい内容を書くというのがありますが、最初のパラグラフはこれを周到しているようですね。
もっと簡単に 
R and I have started practicing cold reading again.
でもいいと思います。3ヶ月休んでいたと言う詳細はそれからの説明の文章で書いたほうがすっきり説明が出来そうです。
つまり、「コールドリーディングをRと始めた。これこれこういう理由で3ヶ月間休んでいたのです。」とした方が英作文としては論理的に組み立てられるでしょう。日記ならだらだら書いても許されますが、作文はこういった組み立て方も考えなければいけませんね。
Commented by shinia62 at 2009-03-08 01:08
わこさん
この劇を知っているのですか、すごい!ぼくは知らんかった。確かに芸術していてぼくにはどうもって感じですが、演劇に深い人は惹かれるのでしょうか。Coldには準備無しで行きなりと言った意味が有るようです。コールドリーディングは初めて見る台本を読むと言う意味です。
Commented by shinia62 at 2009-03-08 01:29
ま〜さん
クラスではエッセーの書き方に集中しているので、書き方のルールが厳しいです。でも基本ですから頑張っています。文法もしっかり学びたいし。でも日記は少し砕けて楽しく書こうかと思っています。クラスでは初めてのエッセーを書きました。
Commented by Ladyinjp at 2009-03-08 15:51 x
日本語と英語を対比して読むというのは、なかなか面白いですね。
ついそのまま訳しそうになるけど、なるほどと感心しました。
勉強になります。
Commented by shinia62 at 2009-03-08 23:03
ladyinjpさん
英語日記を始めてから私も勉強に成ってます。コメントで間違いを指摘してくれる人もいるのでとっても有益な日記に成りました。lady さんも英語一緒に勉強しませんか。(笑)


<< One more cradit...      A active life i... >>