ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ
2009年 03月 02日

小東京で

c0053177_2335626.jpg


 小東京の朝食会は全員の顔が揃った。何ヶ月振りだろうか。相も
変わらず和洋折衷の朝食を頬張りながらお喋りが続く。私の大事な
社交の場だ。近況を話し合ったり和気あいあいの時が過ぎる。シニ
アの暮らしは変化が少ない、一週間振りと言ってもそれほど話題が
無かったりする。

 病院のセキュリティーガードをしているジョンが一番刺激的な一
週間を過ごしているようだ。なにしろ精神病棟のある病院だから時
には犯罪者や精神病者、麻薬患者などと格闘に成ったりするのだそ
うだ。我がグループで一番若いとは言え、64歳のジョンは小柄だ
し大変な仕事だ。マーシャルアートや柔術の心得があるから出来て
いるのだろう。本人としてはソーシャルセキュリティーのスコアを
獲得する為始めた仕事だ。それが溜まれば直ぐ辞める計画なのだ。
新任の中では若者を退け有能なガードだから、ガード会社もがっか
りする事だろう。しかし60代で怪我でもしたら取り返しがつかな
い。残りの6ヶ月程を無事乗り切って悠々引退してもらいたい。そ
れでも仕事がしたければもっと安全な職を探せば良い。と私が心配
しなくても本人は充分心得ている。

 私の生活もカレッジや水彩画クラスなど現役の仕事人なので、話
題には事書かない。今のところ前立腺手術の話しで話題の中心に成
っている。そう成りたくて手術したのではないのでご理解を。

 家に帰ったのは午前10時であった。寛ぐ暇も無くニュースレタ
ーを書き上げた。精神的に忙しく過ごした3月初めの日曜日である。

 明日もやる事が一杯ある。宿題、ポートレートもそろそろ手を着
けなくてはならない。シニアの生活は休まる暇がないのだ。
なんてね。

The all member of breakfast club
has showed up at Little Tokyo.
Our breakfast were mix of a Japanese and an American,
such as a rice, a scramble eggs, a ham, a Japanese pickles.
We have enjoyed a chat while we were eating.
We exchanged a interesting story from a last week.
A senior’s life is quiet and not so many things to happen.
Most of them were not mach to say.

John is a youngest one in our group.
He works at the hospital where they have psychiatry a ward.
He have to tackles a crazy violent patient sometimes.
We all enjoy his adventure story in the hospital.

However, I was a Center of attention this morning.
My dramatic experience of prostate surgery got spot light.

The breakfast club became one of my favorite social life.
[PR]

by shinia62 | 2009-03-02 23:05 | シニアの時間 | Comments(2)
Commented by わこ at 2009-03-03 07:46 x
さむさん、きょうの絵すごく好きです。アッと思いました。白いシャツの人が一人居るのもがいいですね。
I do love it!
Commented by shinia62 at 2009-03-03 09:31
わこさん
この絵にはちょっとした物語があるんですよ。その内発表します。


<< Notice      お知らせ >>