ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ
2009年 01月 28日

人形の絵

c0053177_8515149.jpg


 西側の窓から差し込む秋の真っ赤な夕陽が、教室の半分を染めて
いた。それ迄薄暗かった教室内が急に明るく成る。こんなに遅く迄
学校に残った事は無かった。夕陽に染まる教室は見知らぬ部屋の様
で落ち着かない。そこで私を含めた10人程の生徒がクレオンで絵
を描いていた。

 あれは小学校の一年生か二年生の頃だ。担任の先生が「これから
名前を呼ばれた人は今日放課後残ってください」と言う。私のクラ
スで名前を呼ばれたのは3人だった。その中に私の名前も有った。
放課後私達は別の教室へ移動した。そこには他のクラスから来た生
徒達が居た。

 60年前の事で記憶が曖昧なのだが、何処かの学校と作品交換を
するのだったか、何処からか人形が送られてそのお礼にその人形の
絵を描くという事だったのか定かではない。まあ、そう言った趣旨
の事であった。

 教壇の前にテーブルが置かれその上に人形が座っていた。今迄見
た事の無い西洋人形だった。1950年代の事なのである。何かの
雑誌にアメリカ人形と紹介されていた様な気もする。赤いチェック
か水玉のドレスに白いエプロン、白いフードを冠った人形だ。

 生徒達は静かに絵を描いていた。私は絵が好きだし遅くまで学校
に居る事がささやかな冒険のようで嬉しかった。絵描きがそろそろ
終る頃、部屋が急に明るく成った。夕陽が窓から入り込んでいた。

 あの日のあの夕陽の印象は強烈だ。今でもその記憶は新鮮に蘇る。
そしてあの時描いた人形の絵。あの絵が私の記憶の中でもっとも古
い作品になっている。

(イラストは記憶で描いたあの時の人形)
[PR]

by shinia62 | 2009-01-28 08:54 | シニアの時間 | Comments(4)
Commented by Marrrsan at 2009-01-28 10:31
私も現存する一番古い絵は、人形を描いた絵で
それは実家の柱に今でもうっすら残っています。
Commented by shinia62 at 2009-01-29 02:11
ま〜さん
私の人形の絵は記憶の中にしか存在しません。なにしろ描き上げると直ぐ先生が集めて何処かへ行ってしまいました。
Commented by genova1991 at 2009-01-30 22:50
さむさんのイラストのお人形さん、とっても可愛いですね^^
普段はいない時間の学校は忘れられないことでしょうね~・・・
Commented by shinia62 at 2009-01-31 01:26
genovaさん
午後遅い教室は別世界のようで面白い体験でした。この様な思い出が鮮明に蘇る年齢に成りました。


<< Lazy days      お絵描き教室「道ばたの花」 >>