ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ
2008年 12月 27日

私のクリスマス。

c0053177_7421280.jpg


 クリスマスはどうするべ、などと考えていたら電話が鳴った。暫
くご無沙汰の知人からだった。彼の名前はノエル。クリスマスにぴ
ったりの名前である。アルゼンチンから友達が来ているので食事を
一緒にしようと言う。クリスマスディナー、ごちそう、なのでそれ
じゃあワインでも持って行こうかと言ったら、要らないよ。飲み物
は有るし、食事はサンドイッチが有るからと言う。なんか変じゃな
い。

 ノエルは時々食事を一緒にする友達だ。いつも彼が我が家へやっ
て来て、彼の車で近くのレストランへ行く。なので私は彼の家へ行
った事が無い。今回が初めての訪問と成る。生憎の雨の中彼の家へ
向かった。地図で調べると私が良く車で走る通りの近くで解り易い。

 教えられたアドレスのIrving通りへ入ると、豪邸ばかりが並んで
いる。この辺りは昔の高級住宅地なのだ。近くのRossmore通りは
映画スター達が住んでいたコンドや屋敷が有った事で有名。と過去
形で書くのが微妙なところだけれど。番地の見当を付けて車を通り
に停める。この豪邸のどれかが彼の家。ひょっとしてノエルは大金
持ちか。そして私は大金持ちの知人。約束の時間より早く着いたの
で、そんな妄想で時間を潰す。

 彼の家はデュープレックス。外見は豪邸だけれど、入り口が2つ
で2軒の住居になっていた。ドアはノックする前に中から開けられ、
ノエルと彼の足元に絡まるに2匹の犬。どちらも良く躾けられ人懐
こい。挨拶を交わしアルゼンチンからの客を紹介される。名前はエ
スタファン、男性、年齢不詳(笑)。名前忘れの名人が覚える事が
出来たのもそんな有名人が居たから。英語は少し解ると言う事だけ
れど、殆どスペイン語でノエルが通訳。私は最近外国人慣れしてい
るので、通じても通じなくても英語でバンバン話し掛ける。英語が
まるっきりわからない人なら日本語で話し掛けようと思っていたの
だ開けれど、それが出来ないので残念。

 暫くお喋りの後、シャンペンで乾杯、食事のサンドイッチを頂く。
何処かの店のテイクアウトらしい。とってもおいしいサンドイッチ
だった。簡単な食事で楽しく語らう。こんなクリスマスもなかなか
良いではないか。最後にチョコレートアイスクリーム、そしてホワ
イトティーで締めた。ノエルは名前がクリスマスみたいなのにクリ
スチャンではないらしく、クリスマス飾りらしいものは殆ど無い。
テーブルの上に小さなもみの木の鉢植、その回りにクリスマスの話
しに出て来るキャラクター人形が6体並んでいた。

 A Merry Christmas every one!

(今日の作品:カクタスの花)
[PR]

by shinia62 | 2008-12-27 07:44 | シニアの時間 | Comments(6)
Commented at 2008-12-27 09:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Marrrsan at 2008-12-27 09:35
私もノエルと言う知人がいますが、2人とも女性です。
寂しいイブから、たのしいクリスマスになりまたね。
Commented at 2008-12-27 09:47
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shinia62 at 2008-12-27 09:50
ま〜さん
1人のイブも楽しいです。1人が気にならない私ですから。ただそれは良くないと思うのでお誘いは受ける様にしています。他人との接触で人間は成長するもんだし、演技の肥やしに成ります。
Commented by わこ at 2008-12-27 16:46 x
わたしもさむさんと同じ。一人がまったく気にならなくなりました。
(若い時は気になりました) 年をとるのもいいものです。
カクタスきれい〜
Commented by shinia62 at 2008-12-27 18:28
わこさん
私は若い頃から1人が良かったです。カクタスはハンティントンライブラリーのカクタスガーデンです。


<< 夕食を      Christmas Eve >>