ちょっとシニアチック Watercolor by Osamu 水彩画家のロス日記 Watercolorist Diary

shinia62.exblog.jp
ブログトップ
2008年 11月 10日

小東京で

c0053177_6575751.jpg


 小東京は長閑で良い日であったが、商売は死んでいた。暇な時間
を無駄にしないよう、演技クラスのテキストを読んだり、新聞を読
んだり、勉強に心がけた。

 午後年配の女性がやって来て「私を覚えていますか」と訊く。ブ
ースでは沢山の人に会っているので全く思い出せない。「覚えてな
いですね」と率直に答える。「そうよね。沢山の人に会うんだもの」
と彼女。解ってくれてありがとう。

 彼女は1年程前に絵を習いたいとやって来た女性だった。私の知
人、会計士のN氏に紹介されたと言っていた。そんな女性が居た事
は覚えていても顔まで覚えていなかった。その時は「もし本当に興
味があれば個人的に教えても良いですよ」そんな事を話した様に記
憶する。しかし彼女からの連絡は無かった。早速ガーデナの水彩画
クラスを教えた。来るかどうかは解らないが宣伝するに越した事は
ない。

 その彼女から食事の差し入れがあった。昼食はとっくに済んでい
るので家に持って帰り夕食にした。近頃私は物欲しそうな目をして
いるらしく、貰い物が多い。この差し入れも彼女が自分の為に買っ
たものを、話しの成り行きで置いて行ったような印象を受けた。貧
乏画家の私に、神様が物欲しげな目を与えてくれたのかもしれない。
人は皆サバイバルテクニックを生まれながらに身に付けているもの
なのだ。(書く事がないので日記を長引かせようと頑張ってます)

 ちょっと待て、何かがおかしいぞ。この週末は時が止まった様に
まったりとして、いや、時の流れが淀んで動きを止めたような、そ
んな感じがする。先週はクラスが一つキャンセルされてリズムが狂
ったかな。

(今日の作品:昔はいろんなスタイルを実験していました。これも
その一つ。サンフランシスコの風景です。この同じ題材は既に何点
かこのブログに載せています。でもこれが一番異色かなあ。)
[PR]

by shinia62 | 2008-11-10 06:59 | シニアの時間 | Comments(8)
Commented by かず at 2008-11-10 09:29 x
貰い物が多いのいいことですよ、物乞いの目をしてる、それはさむさんの偏見でしょう。人徳ですよ人徳!そう思って有難く頂くことですな、それが正直で贈った方も喜びますよ・・・・確かにこの絵異色ですね、でもオレンジのバラードなかなか個性的ですよ-
Commented by shinia62 at 2008-11-10 10:21
かずさん
これが自分のスタイルだ。そんな気がして暫く描いていましたが、いつの間にやら忘れられてしまったようです。いろんな事をやって遊びましたので、これからも面白い作品を載せて行きます。
Commented by lanova at 2008-11-10 12:35
今日LAの友人から電話があり、今年は例年になく沈んだホリデーシーズンだって言ってました。いつもだとハロウィーンが終わるとクリスマス商戦でにぎわうのに、デパートもモールも閑散としてるって…経済危機はもうのっぴきならないところまで来てるんですね。小東京はモロにその煽りを食ってるんじゃないですか?
Commented by shinia62 at 2008-11-10 13:09
lanovaさん
そう言えばクリスマスの一言が全く聞こえて来ませんね。今朝の朝食会でそんな話しをジョンとしたばかりです。本格的なクリスマス商戦は感謝最後ではありますが、いつもの年だと今頃大騒ぎですよね。家族の居ない私にはあまり関係が無いホリデェーシーズン。その内賑やかに成るでしょう。
Commented by Asahina at 2008-11-11 22:19 x
SAM-San, LAの景気はどうですか!? SAM-Sanはアメリカの虚妄膨張経済とBushのイラク侵略で世界を混乱に入れたことも関係なく暮らしておられる。私は、Citi BankのManagerの勧めに乗って、SubPrimeでBig Loss、そして新しいManagerの勧めでユーロー立ての投信を買わされ、翌月のLehmanの破綻騒ぎで続落か、ひと月余りで100万円ほどやられました。このところ、仕事も先細り、預金で食いつないでいたものを2年分の生活費ほど損させられました。義母のCancer入院の支払、私の車修理と、まったくついてません。小樽へも幾度かAdviceに行ったのですが、思惑通り、地元のへっぴり腰は何もせぬまま、遂に私の出る頃ピークだった人口21万人が13万5千人ほどに減りました。
若者は住民票を持って札幌を目指します。小樽も運河だけじゃー!と、幾度か他の都市との比較で提案したことか…。
Commented by shinia62 at 2008-11-11 22:37
アメリカの不況風は私にも影響がで始め、最近は絵が全く売れません。もっとも絵は売る為と言うより自分の為に描いているので良いのですが。水彩画教室で小遣いが出来るので、楽しいシニア生活であります。小樽の人口がそこまで減っちゃいましたか。日本へ行く度必ず小樽へはよります。私の第二の故郷、日本の思い出は小樽のもいでと言っても過言ではありません。潮祭りの第一回は私も仕事をしてました。
Commented by Asahina at 2008-11-12 15:37 x
Someday in the near future, we will meet in Otaru.
出来るだけ早く…。
Commented by shinia62 at 2008-11-13 00:31
Asahinaさん
次に日本へ帰るのは何時の事やら。自分の用事がないと動かない私。北海道は秋が良いかなあ。


<< アートショーへ。      花の金曜日 >>